【リゾバ】『体験談』英語を学べるニセコでの経験は刺激的でした!

旅行
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

せっかく学んだ語学を活かして仕事をしたい!

留学から帰ってきて全然英語を使ってない
このままだとせっかく英語を勉強したのに忘れてしまう

そんな風に思っていたTaroimo

日本にいながら生の英語を学べる場所はないかな

そんなふうに考えている方はおられますか?

パウダースノーで全世界から注目されている北海道・ニセコ 

今や「ここは外国?」と勘違いさせるほど外国人観光客で溢れ
街のどこを歩いても聞こえてくる言語は英語 

賑わったスキーリゾートに変貌しています

そんなニセコで僕は2年間リゾートバイトを経験しました
もともと留学経験・ワーホリ経験があり「英語を活かした仕事をしたい!」と思いニセコ でリゾバをしようと決意しました

 

行った場所:北海道・ニセコ 
期間 :2シーズン 
仕事 :スキーインストラクター
ラーメン屋のバイト 
目的 :英語の勉強、スキーがしたい
稼ぎたい

今回は
どれだけ仕事で英語を活かせたのか具体的に掘り下げて紹介していきます

これからリゾバを経験したいな
語学力を活かした仕事をしたいな

と考えている方には参考にして頂きたいです

結論:めちゃめちゃ英語を使います

めっちゃ英語使います!英語使わないと生きていけません、レベルで使います(笑)

仕事では毎日英語を使うのは当たり前ですし、
僕は社員寮(シェアハウス)に住んでいたのですが、家帰っても英語ばっかり使っていました

具体的に仕事内容から紹介していきます

スキーインストラクター:英語使う頻度☆☆☆☆☆

スキーインストラクターという仕事は主にスキーを教える仕事になります 

基本マンツーマンでレッスンをしますが、そのお客様は99%外国人観光客 

1度だけ日本人の方にレッスンをしましたが、それ以外は基本外国人 
なのでめちゃくちゃ英語使います 

レッスンも半日の場合3時間、1日の場合6時間になるので、ずっと対面で英語を話す必要が出てきます 

かなりの英語力を試されます 
と言われると、少しびびりますがこれだけどっぷり英語を使える!学べる!というわけです

気になるお給料は?

基本ニセコの仕事は英語力(語学力)を問われます 

したがって給料は結構もらえると言って良いと思います 

僕も月収では学生のバイトではなかなか稼げない金額を稼いでいました 

詳しくはこちらの記事で

ラーメン屋のバイト:英語使う頻度☆☆☆☆

夜の空き時間でラーメン屋でバイトをしていました 

皆さんもお分かりかと思いますが、ニセコにあるラーメン屋なので99%お客様は外国人 

ウェイターとして働いていたので接客は全て英語を使います 

同僚は日本人もいますが、外国人も一緒に働いています 

基本ニセコ だったらどこで働いても英語は絶対に使う!

僕は実際には働いていないですが
友人が働いているレストランやバー、カフェでも外国人観光客の方で溢れかえっているので
英語を使うと言っていました 

多分ニセコだったらどこで働いても基本英語は使います 

寮生活:英語使う頻度☆☆☆

寮・シェアハウス 
居住人数:20人ほど 
日本人7人 それ以外外国人 
住み心地:☆☆☆☆☆ 
個室orシェアルーム 選べます

僕はスキーインストラクターとして働いている会社の寮(シェアハウス)で暮らしていました 

住んでいる人数は20人程度に対し日本人は7人 

それ以外は働きに来ている外国人でした 

なので自然と家に帰ってきてからも英語を使うことはあります 

みんなでシェアハウスするのめちゃめちゃ楽しかったですよ!

毎日お酒飲んでゲームしたり、みんなで外へ飲みに出たり 

会社自体がファミリーみたいな感じだったのですごく居心地が良かったです!

まとめ:「英語にどっぷり漬かりたいのならニセコで働く」の一択

仕事でも英語を使うし、家に帰ってきても英語使う 

日本にいながら英語漬けの日々が暮らせる。
それがニセコです。

僕的には留学をするとやっぱりその国の文化とか食事とか合わなくてストレスを抱えてしまいます
ニセコは日本なので当たり前ですが日本の文化がありますし
日本食を毎日食べることができます 

だから僕にとってニセコはめちゃめちゃ都合の良い場所なんですよね(笑)

ニセコでリゾートバイトはこんな人におすすめ

留学から帰ってきて語学を活かした仕事がしてみたい
留学を検討しているけどその前にプチ留学を経験してみたい

リゾートバイトの効率的な仕事の探し方を紹介しています

よかったら参考にしてみてください!

ここまで記事を読んでくださってありがとうございました!

参考になれば幸いです!

旅行リゾートバイト
カテゴリー
Taroをフォローする
スポンサーリンク
Taroimo Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました