【新型コロナ】東京オリンピック2020コロナに対する対策は?入国制限や感染対策について

旅行
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは!Taroです!

2020年夏、再び東京でお祭りの祭典「オリンピック」が観られるということで、期待を膨らませていた日本列島。
しかし、新型コロナウィルス感染が世界中に広まったことを受け、2021年に延期することが決まりました。

海外渡航者の入国も制限されている中、東京オリンピックではどの様な新型コロナ感染対策・入国制限をしていくのでしょうか?

この記事のポイント(2020/11/06現在)
・東京オリンピック時の入国制限は?
・感染者が出た場合の対応
・そもそも開催されるの?

14日間の隔離措置を緩和検討

日本政府はオリンピック関係者に対する「14日間の隔離」を関する措置を検討しています。

【オリンピック関係者とは?】
・各競技団体(IF)
・各国オリンピック委員会(NOC)
・メディア関係者など 

オリンピック関係者たちは専用車移動を前提とし配慮をしていく方向性です。
その行動範囲も練習や大会に出場という極めて限定的。

観戦者(観光客)に関する入国は未決定です。コロナウィルスの感染が抑制されれば徐々に制限が解除されているかもしれません。
2021年4月をめどに、訪日外国人観光客の受け入れを再開する方針で、これから政府の中で話し合いが行われる様です。

オリンピック開催に向けてのコロナ感染対策は?

4年に1回のスポーツの祭典。

オリンピックの観戦者の数は今までよりも少ないかもしれませんが、それでも1つの拠点にたくさんの人数が集まることが予想されます。
そこで気になるオリンピック時の「コロナ感染対策

現在以下のことが検討・実施の予定がされています。

・オリパラ村の保健所
・選手村の発熱外来
・軽症者用の宿泊施設の準備
・総合診療所の機能強化
・スマホアプリによる健康管理

地域の保健所の負担を軽減するために、選手村の保健所を設置し、感染者が出た場合の措置を速やかに行う方針が出されています。
さらに総合診療所の機能も強化し、発熱外来や民間検査期間の出張所も設置する予定です。

日本へ入国する際(ビザを取得する際)に「健康管理アプリ」のダウンロードを求め、管理の徹底をしていきます。
14日間このアプリから健康状態の確認を求められ、その都度、報告をする様になっています。

これらの案は、2021年1月には対応策を取りまとめ、同年4月から試行的に外国人観光客の受け入れをしていく方針です。

東京オリンピック開催されるの?

全世界でコロナ感染の第2波、第3波が広がっている中、本当に東京オリンピックは開催されるのでしょうか?

IOCジョン・コーツ調整委員長は「東京オリンピックの再延期・中止はない」と開催実現へ前向きな姿勢です。
バッハ会長も「満員の東京オリンピックは不可能」と懸念しつつ、オリンピック開催に向け全力を尽くすことを強調しています。

今のところ中止・延期の予定はありません。
1度にたくさんの人が一拠点に集まることになるので、観客を制限する可能性はありそうですね。
状況によれば無観客試合もあるのかも?

まとめ

1964年以来となる57年ぶりに東京にオリンピックが戻ってきます。
もちろん僕は開会式のチケットに応募しました!そして外れました!その他全部の観戦チケット外れました!!
ですので、自宅でのんびり観戦する予定です。

しかし、現在コロナの感染は再拡大しています。いつ収束を迎えるのでしょうか?
ワクチンの完成も来年の春以降と予想されていますが、東京オリンピックに間に合うんでしょうか?

IOC委員会は開催に向けて全力を尽くしているとは思いますが、なんとなく僕は東京オリンピックを延期(もしくは中止)する様な気がします。
単純にどれほど対策が講じられても手に負えない状況になりそうだからです。ん〜どうなるんでしょう。
今後の動向を要チェックですね。

ここまで読んで頂きありがとうございました!

今日も1日頑張りましょう!

【参考記事】
https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/news/202010240000831.html
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63557370X00C20A9000000/
https://www.asahi.com/articles/ASNBY3WDRNBXUHBI03L.html

旅行
カテゴリー
Taroをフォローする
スポンサーリンク
Taroimo Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました