これ以上の浪費したくない人へ。最適な貯金の方法をお伝えします♪

節約
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

 

気づけば財布からお金がなくなっている

月末はクレカの決済に追われてしまう

貯金したくてもできない

 

こんな悩みを解決します!

こんなツイートをしました。

【Taroのプロフィール】
24歳新卒サラリーマン。毎月5万円貯金を8ヶ月継続中♪
何不自由なく月の生活費を8万円で生活中。

 

今回は

・パーキンソンの法則について
・法則に基づいた最適な貯金法
・生活費の見直し方

について紹介していきます。

 

パーキンソンの法則を理解しよう

パーキンソンの法則とは?

仕事の量は、完遂のために与えられた時間を全て満たすまで膨張する
支出の額は収入の額に達するまで膨張する
(参照:Wikipedia)

つまり、

人は時間やお金をあればあるだけ費やしてしまう

ということ。

気づけば、

給料の範囲内で全て使い果たしてしまう!節約しようと思ってるのになぁ

僕もこんなこと毎月のように思っていました。

法則を逆に有効活用

この法則を逆に有効活用すれば良いじゃん

結果論なんですけど、そう思うようになりました。

 

っていうのもこの法則を知る前に、法則に従ったことをしていたわけです。

最適な貯金の方法。それが

給料をもらったその日に貯金をする

ということ。

例えば

手取り20万円
- 貯金5 万円 ← 給料が入った日に「貯金口座」へ
=残り15万円 ← 生活費

最適な貯金の方法

繰り返しになりますが、最適な貯金の方法は

収入を得たその日に貯金に回す

「生活費口座」「貯金口座」の二つ口座を使い分けます。

 

生活費口座

給与はこっちに振り込まれる。振り込まれる日に「貯金口座」に5万円振り込まれるように設定。自動で決まった日に振り込んでくれます。

貯金口座

貯金するためだけの口座。基本触らない。

 

(パーキンソンの法則)

人はお金をあればあるだけ費やしてしまう”をうまく活用したこの方法。

20万円のうち5万円を先に貯金に回して残りの15万円で生活する。意外に出来ます。

僕はこの生活スタイルを8ヶ月継続中です。特に不便を感じていません。

生活費口座には

①ATM手数料が無料*
②振込手数料が無料*
③スマホで管理できる
④全国のコンビニATMで利用可能
⑤楽天ポイントを有効活用できる

楽天銀行を使ってます。

➡︎楽天銀行の基本情報についてはこちら

生活費を管理して貯蓄レースにブースト!

生活費をしっかり見直し、管理をするとあなたの貯蓄レースに更なるブーストがかかります。

しっかり家計簿管理していますか

・生活費にいくら費やしているのか?
・支出を抑えられる所はないか?

 

家計簿管理をしていてると意外に無駄な出費をしているところがポツポツと出てきます。

でも、

家計簿管理は面倒臭くて続かない!

ですよね。強く同感します。

僕も

家計簿付け初めても3日坊主で終わる。で、また家計簿付けよ!ってなってつけ始める、でも3日坊主。

ほぼこれのルーティンでした。

 

でも、ある家計簿アプリに出会って、面倒臭かった家計簿管理が続くようになりました

その家計簿アプリは「Money Foreward(マネーフォワード )」です!

 

 

面倒臭がり屋でも続けられる家計簿アプリ

こんなツイートをしました。

Money Foreward(マネーフォワード)は面倒臭がり屋でも続けられる、全自動で家計簿を付けられる優秀な家計簿管理アプリのことです。

マネーフォワードの特徴

全自動でカテゴリー分け・グラフ化
クレカ連携で帳簿の必要なし
✅レシートを写メって帳簿
✅面倒くさがり屋でも続けられる!
無料版で十分使える!

 

⬇️詳しくは過去の記事をご参考ください。

 

まとめ

以上をまとめます。

人はお金をあればあるだけ費やしてしまう
気付いたらお金を使い果たしてしまう
収入が入ったらすぐに貯金に回すこと
・家計簿管理でさらに節約にブースト
マネーフォワードでラクラク管理

世界一の投資家ウォーレン・バフェットのこんな名言があります。

Warren. B

Do not save what is left after spending, Spend what is left after saving
(使った後に貯金するのではない、貯金した後に使いなさい)

この言葉染みる〜

でも、人によってこの節約法は自分に「合う・合わない」あると思います。「収入を得た日に貯金に回す」この方法をまだ実践したことがない人は一度取り入れてみてはいかが?

生活費の改善に「マネーフォワード」 もかなりオススメです!

無料で使えます♪

 

 

節約
カテゴリー
Taroをフォローする
スポンサーリンク
Taroimo Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました