【FIRE】セミリタイアについて考えたい〜人生100年時代〜

セミリタイア
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは!Taroimoです!

最近、SNSで話題となっている「セミリタイア」。
「いつか自分もしてみたい!」と憧れを持つ人も多いのではないでしょうか?

 

僕はそのうちの1人です。

 

会社員として時間を搾取されながら生きていく人生よりも、
自分の趣味やしたいことに時間を自由に使える人生を歩みたい

今回は、「自分のセミリタイアについての価値観について」語りたいと思います。

あなたのセミリタイアについて考えるきっかけになれば幸いです。

セミリタイアとは?

適度に働いて、自由な時間を楽しみながら生きていく人生

厳密な定義は存在しないのですが、「セミリタイア」とは「FIRE(完全なリタイア)」とは違い、仕事を続ける必要があります。しかし、その仕事は週5日、1日8時間せっせと働くものでなくて良いのです。

 

自分の好きな仕事を、生活に必要な分だけ働く

それが「セミリタイア」の醍醐味です。

簡単な例を紹介すると

【生活費が月20万円の場合】
10万円(株・不動産などからの収入)+10万円(アルバイト収入)=20万円

 自分の使いたいように時間を使える

週3日くらい働けば、アルバイトでも月10万円稼げますよね!じゃあ開いた時間はどうやって使いますか?

僕だったら

趣味
家族と過ごす
会いたい人と会う
新しい副業を始める

そんな風に自由な時間を使うと思います。

 キーポイントは「不労所得」

セミリタイアに一歩でも近づくには、働かなくても収入が入ってくる『「不労所得」をどれだけ得られるか』が大きなキーポイントになってきます。

 

その不労所得は、株の配当金なのか不動産の家賃収入なのか経営している事業なのかわかりませんが。

なぜセミリタイアがしたい?

僕は「40代までにセミリタイアをしたい」と思っています。

なぜならまだまだ身体を大胆に動かせる20代30代、いろんな経験をしたいです。

 

金銭的に余裕が出てくる60代、70代リタイアをしても、その時に行動力・気力は残っているのか?と言われれば「マークがつきますよね。

だからこそ、できるだけ若いうちにセミリタイアをしたいものです。

ノマドワーカーが集まる東南アジア

セミリタイアをすることができたら生活費が安い「東南アジア」に暮らしてみると言うこともアリかなと考えています。

 

タイやマレーシアなどの国には、ノマドワーカーと呼ばれる
パソコン1台だけで仕事をしながら旅する人たち
が多く集まる場所でも知られています。

 

今の自分の価値観ではなかなか考えられないようなことを、ノマドワーカー達は持っていると思います。

これからどんな人生を歩んでいきたいのか?

日頃どんな仕事をしているのか?

1度はそういう人たちと交流してみたいですね。

サブスク型住居サービス「ADDress」

ADDress をご存知でしょうか?

ADDressは全国に50拠点以上もの「家」を保有しており、メンバー会員になれば全国にあるADDressの家に泊まることができます。

旅をしながら暮らす
多拠点居住を実現することができるこのサービスは、かなりアツいですね!

https://address.love

「不労所得」+「ノマドワーク」を手に入れたら、日本全国旅しながら暮らすこともしてみたいものです。

フットワークが軽くなりたい

会社員として働いていると何があろうとも「週5日勤務 週休2日」ががっちり固定されています。

これだとゆっくり旅行することもできないし、会いたい人たちにも会えないし、したいことをなかなかやりにくい。

 

セミリタイアをして自由な時間が増えると窮屈な人生から解放されるのかなって考えます。

もちろんそんな簡単にできるものじゃないと思うけどね。

まとめ:皆さんはどう考えますか?

会社に縛られて生きていく人生 
自分のしたいことを仕事にしていく人生 
普段は自由に暮らして、必要な分だけ働く人生

皆さんそれぞれ人生の価値観を持っていると思います。

結局「俺は人生でこんなことをしたい!」って情熱をメラメラ燃やして、実際に行動している人の人生が1番充実するのかなって思ったりします。

 

僕は自由を手に入れるために、動画編集のスキルを磨いたり、資産運用をしたり、人のつながりを広げたりしていきたいです。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

今日も夢に向かってひたむきに走り続けましょ!

セミリタイア人生哲学
カテゴリー
Taroをフォローする
スポンサーリンク
Taroimo Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました