【アプリ管理】楽天銀行がめっちゃ使いやすい。メリット・デメリット・手数料を無料にする裏技を紹介!

節約
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

 

こんにちは!Taroです!

「通帳の記帳が面倒くさい」「振込をしようと思っても平日は銀行に行けない」と思っている方も多いのではないでしょうか?

ネット銀行だと通帳への記帳は必要ないですし、スマホで簡単に振込が出来ます。

ただ、ネット銀行は山ほどあります。
どれを選べば良いのかわからないですよね。

3年ほど「楽天銀行」を使っている僕が、楽天銀行を使ってみて分かったメリット・デメリットセキュリティ対策について紹介して行きます。

読んで欲しい人
✔️銀行管理をもっと楽にしたい方
✔️ネットバンクどれにしようか悩んでいる方

記事のポイント
✔️コンビニATMで24時間365日利用可能
✔️楽天ポイントが貯まる
✔️万全なセキュリティ対策

楽天銀行のメリット

楽天銀行を利用して3年経つ僕が感じる「楽天銀行のメリット」を紹介します。

【メリット】
✔️コンビニATMで24時間365日利用可能
✔️スマホアプリで管理
✔️楽天市場でお買い物がポイントUP
✔️ATM手数料・振込手数料無料(条件を満たせば)
✔️高金利

コンビニATMで24時間365日利用可能

いつでも全国のコンビニATMを利用することができます。

 

 

旅行先でお金を下ろしたい!

 

日曜の夜は銀行ATMが閉まってる!

 

そんな時は近くのコンビニでお金を引き出すことができるので、非常に便利です。

スマホで管理

記帳・振込など口座管理は全てスマホアプリで完結します。

時間・場所に関係なく出入金の確認・振込など出来ますから、いちいち銀行に行く手間が省けます。

通帳も持たなくて良いので非常に身軽になるのも魅力的ですね。

楽天市場でお買い物がポイントUP

楽天市場と連携させると、お買い物ポイントが+1倍になります。

楽天市場をよく使う人にとっては嬉しい特典です。

楽天証券、楽天モバイルも楽天市場と連携させるとポイントUPになりお得になるので、もうAmazon.comを使うことはなくなりましたね。

完全に楽天経済圏の中で暮らしています。

●楽天モバイルについての記事はこちら
●楽天証券についての記事はこちら
●楽天カードについての記事はこちら

高金利

楽天銀行と楽天証券を連携(マネーブリッジ)させると、金利0.02%が0.1%に上がります。

普通預金金利の5倍

楽天経済圏の爆発力素晴らしいです。

ATM手数料・振込手数料が無料(条件あり)

楽天銀行の預貯金の額、または振込などの取引件数により会員ステージが分類されます。

ステージが上がれば、ATM手数料の無料・振込手数料の無料の特典が付与されます。

さらに給与・賞与・公的年金を楽天銀行で受け取ると、振込手数料3回無料の特典が付与されます。

受け取り時、楽天ポイントも付与されるのでお得ですね。

僕はこれをサービスを利用して、ATM手数料・振込手数料はずっと無料が続いています。

楽天銀行の口座開設はこちら

楽天銀行のデメリット

楽天銀行を利用して3年経つ僕が感じる「楽天銀行のデメリット」を紹介します。

【デメリット】
✔️他のネットバンクよりも手数料が高い
✔️3万円未満の入金は手数料が発生する

他のネットバンクよりも手数料が高い

楽天銀行は他のネットバンクよりも手数料が高い傾向になります。

しかし、給与を楽天銀行で受け取ったり、会員ステージを上げたりすることで、ATM手数料・振込手数料が無料になるので、その分あまりデメリットではないかもしれません。

3万円未満の入金は手数料が発生する

コンビニATMなどで入金する際、3万円未満だと手数料が発生します。

入金する際は3万円以上の用意するのを心掛けたいです。

これもATM手数料無料が付与されていれば無料になるので、会員ステージが既に上位の方はあまりデメリットではないかもしれません。

セキュリティーは大丈夫?

スマホ銀行管理で気になるのが「セキュリティ

口座情報を盗まれたり、スマホを落としてお金を盗まれたり、そんな心配ありますよね。

結論から言うと、心配無用です!

まず楽天銀行には3つのセキュリティ対策があります。

  1. 合言葉認証

楽天銀行の利用環境や利用状況によって、楽天銀行のシステムが追加認証を必要と判断することがあるとき、合言葉認証を要求されます。

例えば、いつもと違うデバイスから楽天銀行にログインしようとする時に合言葉認証を求められます。

楽天銀行の口座開設時、合言葉登録は必須ですので忘れないように。

  1. 暗証番号

スマホで取引をする時、国内ATMを利用する時4~12桁の半角数字の暗証番号を要求されます。

  1. モバイル制限

携帯電話・スマホなどのモバイル端末からのログインを制限します。以下の3つからどのように制限するか選択することができます。

  1. 全てのアクセスを許可する
  2. クイックログインによるアクセスのみ許可する
  3. 全てのアクセスを禁止する

※クイックログインとは?
携帯電話やスマホアプリ向けのログインを簡略化するサービスのこと。
Face IDとか指紋認証のことですね。

スマホを落とした場合

楽天銀行のアプリが入っているスマホを落とした場合でも、アプリのログインには暗証番号かクイックログインが必要です。

今の時代、スマホ自体にもパスワードが求められるので、セキュリティは問題なしです。

楽天銀行をオススメしたい人

【楽天銀行をオススメしたい人】
✔️銀行管理を楽にしたい人
✔️人生お得に暮らしたい人

まとめ

記事のポイント
✔️銀行管理はスマホで完結
✔️楽天市場のお買い物がお得に
✔️万全なセキュリティ対策

以上、3年楽天銀行を利用してきた僕が感じるメリット・デメリット、そして万全なセキュリティ対策の紹介でした。

完全に楽天経済圏に移行した僕は、楽天にかなりお得に生活させて頂いています。

本当にありがたい。

少しでも皆さんにとって有益な情報を発信して行きますので、これからもよろしくお願いします!

楽天銀行の口座開設はこちら

節約
カテゴリー
Taroをフォローする
スポンサーリンク
Taroimo Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました