先月の生活費が5万円/月だった話〜ストレス無く節約する方法〜

節約
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

目標や成し遂げたい夢があるから毎月コツコツと貯金する人も多いのではないでしょうか?

でも、節約ってストレス溜まりますよね。普段から欲しいものを買えない、食べたいものを食べない、したいことをしない、などある程度の我慢が必要になると思います。

僕はアメリカ横断&FIRE(経済的自立)を夢に掲げて、節約に励んでいる普通のサラリーマンですが、気がつけば1月の生活費は5万円/月に抑えることができました。

自分でもびっくりするくらいストレスは無く、普通に生活するだけで節約につながっていました。

今回紹介すること
①生活費を5万円/月に抑えるためにしたこと

②支出の最適化は FIRE達成を近づける

③ストレス無く支出を抑えるには?

この3つを解説していきます。

節約をしたいけど長続きしない!

ストレス無く節約に励みたい!

少しでも僕の経験が皆様の参考にして頂けると幸いです。

以下から「節約=支出の最適化」と明言します。
参照:元三菱サラリーマン 穂高さんのブログ

1月の生活費が月5万円だった

1月は生活費を5万円/月に抑えることができた「1月の家計簿」をご覧ください。

参照:Money Forward

マネーフォワードは全て自動的にカテゴリー分け・グラフ化してくれるので、面倒臭がり屋の僕でも家計簿管理を続けることが出来ています。
関連記事:面倒臭がり屋のあなたでもできる、家計簿管理アプリ”マネーフォワード”について解説♪

その他の5万円が貯金&仕送りに回している分なので、トータルの生活費は50,828円になります。

これだけ生活費を抑えても、個人的に全くストレスの無い1か月でした。

週末は

✅ カフェに行ったり
✅ お酒(ハイボール)を飲んだり
✅ ジムに行ったり

充実にしたものでした。

1月の初旬はニセコ(北海道)でスキーもしてました。北海道の味噌ラーメン旨かったぁ。

ん?でもこの生活費の内訳、ちょっとおかしく無い?

そうなんです。見る人によってはおかしい所が・・・。

生活費に隠された秘密

僕の生活費には隠された秘密、

それは、

①家賃
②水道光熱費
③通信費

が入ってないこと!

①家賃

家賃は一切支払っていません。

春からサラリーマンになり、実家を出て田舎で一人暮らしをしています。

え?一人暮らしって家賃掛かるんじゃ?

会社の福利厚生で社宅に住まわして頂いており、社員の家賃負担はゼロです。本当にありがたい。

家賃を出来るだけ抑えることができると、あなたの家計簿は劇的に改善します。

家賃ゼロのためにこの会社選んだと言っても過言では無いかもしれません(笑)

②水道光熱費

水道光熱費も一切支払ってません。

これも社宅の関係です。

福利厚生で、社員の家賃・水道光熱費は会社が負担することになっています。

③通信費

通信費も一切支払っていません。

理由は、

ℹ️ 楽天UN LIMIT Vで1年間スマホ代無料
⚫︎楽天モバイルのキャンペーン
⚫︎先着300万名様に限り、スマホ代が1年間無料
⚫︎5GB/月まで使えて安心
⚫︎楽天回線なら使い放題
⚫︎10分間通話し放題
⚫︎5Gも使える!

ℹ️ 自宅はWIFI完備済み
⚫︎会社の社宅
⚫︎既にWIFI完備

関連記事:あなたのスマホ代が高い理由〜楽天モバイルで通信費ゼロに〜

楽天UNLIMIT Vは控えめに言って、最高の相棒です。5GBまで使えて、さらに楽天回線なら使い放題!それでいて、1年間スマホ代は0円!

自宅のWIFIは既に完備してあるので、設置費用・その他通信費は掛かっていません。

以上をまとめると、

①家賃
②水道光熱費
③スマホ代

をゼロにすることで、生活費をグッと抑えることが出来ました。

支出の最適化はFIRE達成を近づける

支出を最適化すれば、FIRE達成(経済的自立)を近づけます

支出を最適化することで基礎生活費は下がり、そのために必要な資産額は減ります。

☆基礎生活費とは?
生きるために必要な支出のこと。
家賃・車代・食費・家具・最低限の保険など

もし、基礎生活費が月20万円なら年間の支出額は240万円です。仮に50歳リタイアして、90歳まで生きるとしたら9600万円の資産が必要

もし、基礎生活費が月10万円なら、4800万円でFIRE達成となります。

4800万円でも高すぎる!そんなに貯めれないよ!

でもFIRE達成を目指すことによって、将来への不安は確実に減ります。

仮に半分の2400万円まで資産を築ければ、必要生活費(稼がないといけないお金)は10万円の半分、5万円/月でオッケー

となると、サラリーマンで毎日あくせく働く必要がなく、週1,2日の労働で賄えるし、好きな仕事を選ぶことが出来ます

心のゆとりを得るためにも、FIRE達成を目標に掲げて生活費を見直していく方が身のためなんです。

関連記事:支出の最適化✖️配当所得でFIRE達成までブースト

ストレス無く支出を最適化するには?

ストレス無く支出を最適化するには、70%を目指せばいいのです。

100%節約しなきゃ!あれもこれも節約!

何もかも我慢して節約する。これでは挫折します。

お金は使って初めて幸福を得られるものですよね。

お金を払って美味しいものを食べる、友達にプレゼントを買う、海外旅行に行く、など。こういう所に使うお金は極力減らしたくありません。
(もちろん限度はありますが)

じゃあ、支出の最適化のために何ができるか?
➡︎それは、大きな消費を削減することです。

①家賃
⚫︎安いところに引っ越す
⚫︎シェアハウスでコスト下げる

②スマホ代
⚫︎格安SIMに乗り換える(例:楽天モバイル)

③車代
⚫︎レンタカーを使う
⚫︎シェアカーを使う

④電気代
⚫︎電気毛布を使う(冬)
⚫︎クーラー✖️扇風機(夏)

⑤食費
⚫︎自炊を心掛ける
⚫︎外食では無く、宅飲み
⚫︎お酒は辞める(健康のため)

⑥保険
⚫︎掛け捨て型の保険に加入する

これらを見直すと一気に生活費を抑えることが出来ます。

関連記事:1年間スマホ代をタダにする方法

関連記事:楽天経済圏に移住し、年間17万円も節約に成功した話

さらに、支出の最適化するのに1番重要なことは、「家計簿」です。

何にいくら使っているのか?を目に見える形にすることで、

思ったよりお金使ってるなぁ

って気づきが絶対にあります。

でも、家計簿って長続きしませんよね。

僕もいつも3日坊主で家計簿管理を続けることが出来ませんでした。

でも、マネーフォワードを使うことによって3日坊主の僕でも家計簿管理を続けられて、支出の最適化に成功しました!

マネフォワードの特徴
クレカ連携で自動で帳簿付け
自動でカテゴリー・グラフ化
✅収入と支出をすべて見える化
✅過去の支出比較でモチベ維持
面倒臭がり屋でも続けられる
無料版でもめっちゃ使える!

▶︎マネーフォワードのアプリをダウンロード

まとめ:支出の最適化は意外に簡単です

以上をまとめます。

①生活費を抑えるには支出の大きいものを削減
②支出の最適化はFIRE達成を近づける
③FIRE達成を目標にすれば、将来への不安は減る
④支出の最適化には家計簿管理が必須(マネーフォワードがオススメ)

支出を最適化すればお金の心配をしなくてもいいし、したく無い仕事をしなくて済むし、将来への不安は確実に減ります。

実際、最適化することはそんなにしんどいことでは無く、ほとんどが無駄に支払いすぎていることが多いです。

それを見直していくと自然と生活費は下がるものです。

それには支出の可視化が必要になります。

関連記事:全自動で家計簿管理してくれるアプリ”マネーフォワード”を徹底解説!

自分の夢・目標を叶えるためにも今日が1番若い日ですよね、今日から取り組んでいきましょう!

んじゃ、また!

 

節約セミリタイア
カテゴリー
Taroをフォローする
スポンサーリンク
Taroimo Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました