【NZワーホリ】金なくて1週間パスタ生活。体調すこぶる悪かった

ワーキングホリデー
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは!Taroです!

2019年5月から約半年間、ワーキングホリデーでNZに行ってました!

ワーホリにいこ!って決めたのも出発2ヶ月前。

そのための資金も貯めておらず、ビザの申請代や航空券のチケット代を支払うと、手持ち資金が残り5万円に。

それでもNZ行きを覚悟しました。

そんな僕に待ち受けていたのは「極貧生活

そんな生活を送った事で、自分自身が成長したことがあります。

それは

極貧生活をして、怖いもの知らずになる

もし、今あなたが留学をしようか、ワーホリをしようか、と悩んでいるのならそれは大きなチャンスを掴もうとしているかもしれません。

1泊800円の宿に身を寄せる

NZ到着してから1週間だけオークランドのダウンタウンストリート沿いにある「Choice Backpakers」というところに宿泊していました。

一泊なんと800円!

一概には綺麗とは言えない宿。

しかし、トイレやシャワーはしっかり完備してあったので文句は言えないです。一泊800円だから。

10畳ほどの部屋に2段ベッドが5つ。合計10人が生活する缶詰状態の部屋に僕は飛ばされました。

もちろんここは刑務所ではなく、旅人が集うバックパッカーホステル。いろんな人種が集まりとても楽しかったですよ。

一つの事件を除いては……

ログイン ‹ Taroimo Life — WordPress

事件があった翌日のインスタストーリー

僕はここを拠点に、NZ生活がスタートしました。

パンとパスタ

パンとパスタには大変救われました。

ブルーベリージャムの塗ったパンと市販のトマトソースを絡めただけのパスタが毎日の生命線でした。

仕事を探さないといけませんでしたが、

✔️銀行口座の開設やタックスナンバーの取得
✔️仕事を探すためのCV・Cover letterの制作
✔️これからの居住地を探す

することが多すぎて仕事を探す時間もありませんでした。

CV・Cover letter とは 
日本でいう履歴書みたいな物。指定された紙に経歴を書く、という形式ではなく、自分で1からどんな内容を書くか決めてCVとCover letterを作成します。なんとも欧米文化らしい。

仕事がいつ見つかるか、本当に分らなかったので無闇にお金を使うこともできません。
なので、パンとパスタ生活を約1週間ほど続けました。

すると、自分の身体に変化が現れてきました。

足がふらつくというか、地に足がついていない感覚が出始め、元気が出ないし、大きい声も出せないし、朝の目覚めが悪いし。

でも、風邪を引いている訳では無く、ただ体調がすこぶる悪い状態になりました。

完全にホームレス状態ですね。

仕事を見つけて難解突破

Mt.Eden へ小旅行

求人サイトで良さそうな求人にCVとCover letterを送りました。
10社くらい送ったかな?

なかなか良い結果を得られず、苦労しました。

しばらくすると、オークランド・ポンソンビーでゲストハウスを経営するオーナーから会って欲しいとの連絡が!連絡が入った、その日にオーナーに会いに行きました。

そのオーナーがソナというインド人の女性。

ソナ
ソナ

お人好しのインド人女性。過去に日本人を雇ったことがあり、日本人大好き!の一点張り。
喧嘩をすることも良くありました。良い思い出です。

住み込みのクリーナーとして即採用されることが決まりました!

「お金」と「住居」と「仕事」の悩みが一気にトリプル解消!

いやぁ、普段の行いが良いからでしょうか。人生生きてて損はない、そう強く感じました。

人生ってどうにかなる

ゲストハウスの住人たち

その後、2つ目の仕事も決まり、時間にもお金にも余裕が出るようになりました。

ゲストハウスにはワーホリで来たヨーロッパ人(特にドイツ人)がたくさん住んでいて、ゲストハウス生活がすごく楽しかったです。

毎日お酒を飲んでゲームをしたり、一緒に旅行に行ったり、すごく良い思い出を作ることが出来ました。

やっぱ、人生どうにかなるもんっす

もしあの時、

あ〜お金ないし、NZのワーホリ辞めとこう

ってなっていたら、きっとこんな素晴らしい経験はなかったと思います。

もし、今あなたが留学に行こうか、ワーホリに行こうか悩んでいるのであれば、行って欲しい!と僕は強く思います。

先のことなんて考えても無駄

来週自分が何をやっているかも分からないのに、10年後20年後のことなんてわかりっこない。

「今」を大切に、少しでも留学に行きたい、ワーホリに行きたいと思うのなら、行って欲しい。

もし、留学やワーホリで悩んでいること、聞きたいことがあればコメントやメッセージお待ちしております!僕の経験が少しでも参考になれば嬉しいですので!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

今日も1日頑張りましょう!

実はこのゲストハウスでも事件が……
どこ行っても事件に遭遇する⬇️

NZでの探し・ビザの申請についてはこちら⬇️

ワーキングホリデー
カテゴリー
Taroをフォローする
スポンサーリンク
Taroimo Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました