つみたてNISA17ヶ月目の運用報告【実績公開】

株式投資
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

つみたてNISAで実際に運用している人の実績・運用状況を知りたい!

という人に向けて、

株歴2年目の投資初心者の僕が、このブログで以下を解説します。

記事の内容
①つみたてNISAの実績・運用益を公開
②今後の価格予想
③つみたてNISAは今からでも始めるべき?

つみたてNISAについてよく分からん、って方は

▶︎つみたてNISAとは何がお得なのか?

を参考にしてみてください!

それでは解説していきます!

つみたてNISAの運用状況

それでは、つみたてNISA17か月目の実績の最新情報を公開していきます。

つみたてNISA17か月目の元本と評価損益は以下の通りです。

元本¥791,240
合計¥967,985
評価損益+¥176,745先月比+¥68,967

推移をグラフで表すと以下の通りです。

 

 

といった感じの実績です。

実績に対しての感想

留まることがないくらい株価が伸びていますね。

コロナショックってなんだったんだろう。

今は結果的に株価は上昇していますが、やっぱり個別株に大金を一度に突っ込むのは結構怖い。

時間と金額を分散して買えるつみたてNISAならリスクを減らせます。

つみたてNISAの良いところ

 

僕は楽天銀行を経由して毎月つみたてをしています。

めちゃくちゃポイントが貯まるんですよね

使えるのは楽天のクレジットカードに限りますが、投資金額の1%(100円ごとに1ポイント)がつくのでこちらを使用しています。

他の金融機関ではクレカ払いができないのでかなりのメリットですね。

カード払いの場合は毎月1日付けでのまとめ買いしかできないのは注意点ですが、そこは誤差だと思って毎月3.3万円を積み立ててます。

ポイントについて詳しくは、楽天証券の5つのメリットにて解説しています。

もし今の調子で続いていけば、年利5%だと想定して20年後は

✅元本:8,000,000円
✅運用益:5,701,065円
✅資産総額:13,701,065円

になる見込みです。

なぜ年利5%で計算ができるのかというと、以下の指標に連動した投資信託につみたて投資をしているからです。

ベンチマーク先対象投資信託10年20年30年
S&P500eMAXIS Slim 米国株式
(S&P500)
13.89%7.47%9.70%
MSCI エマージング・マーケットeMAXIS Slim 新興国株式インデックス3.60%9.60%

ここに買いてあるパーセンテージは1年あたりの平均値上がり率を指します。

チャートで見ていただくともっと分かりやすいかもしれないので、参考までにS&P500のチャートをお見せしますね。

※対象となる指数のチャート2020年1月31日時点(出典:TradingView

こんな感じでアップダウンを売り返しながら長期で右肩上がりになっています。

商品ごとの実績・運用益

現在僕はつみたてNISAにおいて、以下の投資信託を楽天証券で運用しています。

①楽天全米株式インデックスファンド
②eMAXIS Slim 米国株式 S&P500
③eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
④eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
⑤eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
⑥ニッセイ 外国株式インデックスファンド
⑦ひふみプラス

投資信託ごとの最新の運用益はこんな感じ⬇️

保有銘柄基準価格評価額1月構成比
楽天全米株式¥14,706¥650,23267.17%
eMAXIS slim 新興国株式¥14,834¥105,16610.86%
eMAXIS slim 先進国¥11,695¥131,87913.62%
eMAXIS slim 米国株式¥13,641¥28,0382.90%
その他¥52,6705.44%

個人的に「おお!」って思ったのが

eMAXIS Slim 新興国株式インデックスが米国株式を抜いて成長しているところですね。

アメリカでは経済活動はまだ低迷していますが、コロナワクチンの摂取が始まり、今年の4月までには1億人にワクチンを摂取することを目標に掲げています。

▶︎アメリカでコロナワクチンの摂取が始まる

一方で中国や韓国といった新興国では感染者の数はかなり減少しており、経済活動も再開。そのことで主に中国株は上昇局面に転じ、新興国株の底上げを後押ししました。

中国政府も積極的に投資拡大を仕掛け、2020年のDGPはプラス成長。
すごいなぁ。

▶︎中国プラス成長 強権で経済再会

来月から春節(中国の旧正月)がありますが、中国人観光客は増えるんですかね?

 

つみたてNISAは今からでも始めるべき?

結論、今からでも始めるべきです。

理由は二つあります。

①機会損失
②長期目線で利益が出す

解説していきます。

①機会損失になるかもしれない

人間は欲に惑わされるもの。

下げ相場では「いやまだ下がるだろう」と思い、なかなか買えないのが人間です。

コロナショックでは1か月で30%も株価が急落して、「今後もまだ下がるだろう」と予想した投資家は大ダメージ。

その後株価はV字回復を果たし、一気にS&P500は過去最高値を記録。

コロナショックの下げ相場の時に変えなかった多く投資家たちは結局、株価の高値掴みか機会損失(買えなかった)の状態になっているのです。

②長期目線で利益を出す

つみたてNISA投資では長期で利益を出すために投資を行います。

こちらのシミュレーションをご覧ください。

参照:buy upside

1981年〜2021年の過去40年のレポートで「1981年に$1000でS&P500に投資をしたら、現在いくらになっているのか?」を表しています。

1981~2021年の間には2度の暴落がありました。

それが「ITバブル崩壊」と「リーマンショック」です。

 

見ていただいて分かる通り、2度の暴落を経験しても長期的に見ればプラスになっています。

これが長期投資をするメリットです。

▶︎大手ネット証券3社の比較〜つみたてNISAを始める人必見〜

まとめ

以上をまとめます。

つみたてNISA17か月目の収益
元本¥791,240
合計¥967,985
評価損益+¥176,745先月比+¥68,967
①ワクチン摂取開始で経済活動が再開
②中国はプラス成長を維持
つみたてNISAは早いうちからやっておこう

投資の神様”ウォーレンバフェット”

ウォーレンバフェット

あと少し投資を始めるのが早かったらもっと利益を出せていた!

と言っているくらい、投資を始めるのは早いことに越したことはありません。

これから投資を始めたい!という方はおすすめ証券会社の比較&解説の記事も参考にしてみてください。

んじゃ、また!

 

株式投資つみたてNISA
カテゴリー
Taroをフォローする
スポンサーリンク
Taroimo Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました