【海外移住】セミリタイアしたら東南アジアに移住を検討中〜20代サラリーマンの夢〜

セミリタイア
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは!Taroです!

国境を行き来することが当たり前となった今の時代、違う国に移住する人も多くなってきました。

中でも生活コスト・生活インフラの整備が理由で、東南アジアに移住をする人が多いです。

YouTuberのマナブログさんはバンコクに住んでるし、中田敦彦さんは来年シンガポールに移住を検討しているみたいです。

いつも見ているYouTuberでも当たり前に東南アジアに移住しているのを観て、いつか僕も東南アジアに移住したいなと思うようになりました。

今回は東南アジアに移住する目的・移住している間の収入源について考えたいと思います。

記事のポイント
・なぜ東南アジアが良いの?
・収入源はどうしよう?
・軽はずみな決意

なぜ東南アジアに移住したいのか?

海外移住への憧れ

海外移住」って何となくカッコいいじゃないですか。ただ憧れるんですよね。

日本での生活はもちろん好きです。
でも、高校生の時の交換留学、ワーホリの経験は海外で生活して改めて日本の良さを知るきっかけにもなりました。

だからこそ日本に留まることなく、海外に出て暮らしてみたい。

意外に旅行だけでは知ることの出来ない現地の風習とか、雰囲気とか、生活スタイルがありますから。

生活コストが安い

東南アジアは生活コストが安い!タイとかマレーシアだと、食事代は外食をしても1日1000円もあれば足ります。

あまり詳しくは調べてないけど、賃貸物件も月5万円くらいで1LDKくらいの部屋が借りられます。
それもジムやプール付き。

月10万円もあれば十分暮らしていけるんじゃないかな?

生活インフラが整っている

バンコクやクアラルンプールは日本と同じくらいインフラは整っています。

日本人の移住者も多いことから、日本人が経営する美容院とかレストランとかもあるし、日本製品も普通に売ってます。

生活するにも何一つ不便はないかも。

日本から近い

日本に帰る必要がある時でも飛行機で3~4時間で帰れます。

しかもLCCでバンコクだと片道2万円〜であるし格安。

時差もそれほどないのでリモートワークにはそれほど支障がないかもしれません。

その時の収入源はどうする?

現在考えられるのはこの3つです。

【収入源】
・配当金
・ブログ収入
・動画編集(あるいはYouTube活動)

配当金

会社の株を保有することで、会社が得た利益の一部株主に「配当」と言う形で株主に還元してくれます。

その配当を年間100万円をとりあえず目指します。

配当利回り3%だと大体元本3000万円ほど必要になりますね。がんばろ

ブログ収入

現在、雀の目やにくらいしか収入はありません。

めげずにブログは書き続けて、ブログ収入月3~5万円を目指します。

動画編集

Premiere Proで動画編集を始めて1ヶ月。

現在、ポートフォリオの制作に打ち込んでいます。

まだ案件を受注したことがないので収益は得ていませんが、月3~5万円の収益を目指します。

ここまでいくと月15万円ほどの収入は期待できそうです。道のりは険しいが・・・

パソコン1台で稼げる時代ですからね。この時代には絶対に乗り遅れないように頑張ります。

軽はずみな決意

本当にざっくばらんに「海外移住したいなぁ」って考えているだけ。軽はずみな決意では失敗してしまうかもしれませんよね。

もしかしたら、海外移住には意外とデメリットも多いかもしれんし。

収入もまだ全然足りないですから、時間をかけて入念に計画して行く事にしよう。

1ヶ月くらい滞在するのもあり

いきなり移住!もなかなかキツいので、お試しで1ヶ月くらい暮らしてみるの良いですよね。

それで肌感が合いそうならそこに移住しても良いし、合わなかったら他の国も探せるし。

うん、そんな感じで行こうかなって思います。

まとめ

記事のポイント
・海外移住するなら東南アジア
・月収15万円を目指す
・お試し移住計画

あまり深く考えず行動した方がいいような気もする。

考え過ぎると結局、行動できなくなりますからね。

 

 

お?カッコええやん!よしやろう!

的な感じが1番合っているのかも(笑)

とにかく今は自分で稼ぐ力を磨くことを頑張ります。

目標・夢があるから突っ走れる

最後まで読んで頂きありがとうございました!

今日も1日頑張りましょう!

セミリタイア海外移住
カテゴリー
Taroをフォローする
スポンサーリンク
Taroimo Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました