【人生100年時代の生き方】について本気で考えたい〜仕事・お金・健康・人間関係〜

ライフスタイル
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは!Taroimoです!

この間「LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略」という本を読みました。

今まで当たり前だった「教育20年・仕事40年・老後20年」という人生の方程式は激変し、これから新しいライフスタイルを個々人で考えていく必要が出てきました

70代、80代まで働く必要があるのか?
AIが登場して、今している仕事がなくなってしまうのではないのか?

そんな疑問が出てくると思います。

今回は、これからの100年時代、幸せに生きていくために何をしていけばいいのか?僕なりに考えてました。

これからの人生で「3つの重要視したいこと」が浮かび上がってきたので紹介していきます。

LIFE SHIFT」の本の影響を過分に受けている事を、予めご了承ください。

100年時代、重要視したい3つのこと

健康を維持すること
お金を稼ぐ力
仲間を作る

健康を維持すること

まずは、皆さん長寿大国と言われる「日本人の平均寿命」を知っていますか?

ニッポンドットコムによると
2019年度の平均寿命は

女性 87.45歳 
男性 81.41歳

女性なんて平均寿命が90歳超えてきそうですね!

学者の間では、「おそらく平均寿命は100歳を超えてくる」という予想が立てられています。

事実、2019年の日本人の平均寿命は1989年と比べて、

女性 5.68歳 
男性 5.5歳

も延びています。

医療技術が進めば、どんどん平均寿命が延びてきそうですね

健康寿命とは?

寿命が伸びるのもいいけど、いつまでも活発に、元気に過ごしていきたいものです。

ここで重要になってくる「健康寿命」ついてです。

健康寿命:元気に自立して過ごせる期間のこと

日本人の健康寿命を見てみましょう。

女性 74.7歳 
男性 72.1歳

え、平均寿命と比べたら、約9〜13年空白の期間がある!

その空白の期間ていうのが、介護が必要となる生活寝たきりの生活というわけです。

絶対にいやや!と僕も思いますが、これは数字に出ている事実です。
健康寿命を伸ばすには、適度な運動が必須になってくるのです。

1700人の追跡調査

ペンシルベニア大学で卒業生1700人を対象にした、ある追跡調査が行われました。
20年以上調査を続け、「その人の生活習慣により身体にどのような影響が出るのか」という調査でした。

結果はこの通りです。

定期的に運動をしている人
タバコを吸わない人
体重管理ができている人
は健康でいる期間が大幅に長い

個人的に、「そりゃそうか」という結果ですね(笑)

結論

定期的な運動
栄養バランスの取れた食事
早寝早起き
適量の飲酒

これらをしっかり意識して、普段の生活習慣を見直していきます!

簡単に生活習慣なんて変えることは難しいかもしれへんけど
医学の力でなんぼ寿命を伸ばしたところで、寝たきりの生活になるのは悲しいです。

いつまでも健康にいたいし、健康であれば世界中いろんなところに旅に行けるし、「健康」だけは最優先でこれから生きていきたいと思います。

お金を稼ぐ力

これからのお金稼ぎには「いろんなの収入の柱」が必要になってくると思います。

いろんな収入の柱って

例えば

本業(サラリーマンなど)
ブログ
動画編集
物販
得意を活かす仕事
株式投資
不動産投資 
など

一つの会社に勤めるリスク

僕らのお父さん世代では「退職金」と「終身雇用」がある程度保証されていました。
新卒で入社した大企業で30年以上勤め引退するときには退職金をがっぽりもらって老後の資金にする。

これからの未来、これが常識になっているとは言い難いです。

それは、なぜか

“終身雇用は無理!”と発言

日本のトップ企業「トヨタ自動車」の豊田会長は

「なかなか終身雇用を守っていくというのは難しい局面になってきたのではないかと」

発言しました。そりゃそうですよね。

高齢化社会になっている日本で、1番高給取りな50代の人たちが会社内で増えると、それだけ会社の負担も大きくなる。しかも、日本の企業は世界の企業に比べて成長性に劣る

「終身雇用守るの難しい」トヨタ社長が“限界”発言|テレ朝news
 自動車業界トップも終身雇用の継続は難しいとの認識です。  日本自動車工業会・豊田章男会長:「なかなか終身雇用を守っていくというのは難しい局面に入ってきたのではないかと」  トヨタの豊田社長は業界団体のトップとして、終身雇用について「雇用を続けている企業にインセンティブがあまりない」などと述べ、今のままでは継続は難し...

だからこそ“自分で稼ぐ能力”を磨かなあかん

会社が「勤労と収入を保証してくれる時代なんてもう終わり
自分の力で稼ぐ収入の柱を複数持つことが必要になっているのではないでしょうか?

複数持てば、ある収入源が途絶えた場合でも他の収入源があるので生活に困らない
収入源が一つだけだと、それが途絶えた瞬間、生活に困る

勤めている会社からの収入しかなく、業績不振でリストラされたら・・・って考えたくもないです。

仲間を作る

人間は本来、集団を成して生きる生き物

こんなこと聞いたことないですか?

大企業の役員、気づけば仲間がいない

ある大企業で働いている役員の人がいました。

その人はバリバリ仕事をこなすことから、会社内からの信頼も厚く、慕われている後輩社員もたくさんいました。定年退職後、あることに気づきました。

もう自分は会社から必要とされていない

自分に「役職という仮面をかけていた人生から、気付けば孤独になっていました。

ちょっと寂しすぎませんか?

あくせく働いた挙句、昔からの友人と会うことはなくなり、蓋を開けたら心を寄せる友人がいない

気軽に話し合え、一緒に仕事ができる仲間

仕事がフリーランスになる時代ってよく耳にしますよね。

仕事は個人で請け負うということが当たり前になってきています。
だからこそ、一緒に仕事をする人って自由に選べるわけです。

気が合う人、考え方が合う人と一緒に仕事をする、そんな仲間がいたら最高ですよ。

まとめ:20代のうちからこれからの人生を本気で考える

3つの重要視したいこと

健康を維持
稼ぐ能力
気の合う仲間を大切にする

この3つの目標を明確に立て、実践していけば人生は豊かになると僕は思います。

宝くじ当たらんかなぁ
あ〜暇や!飲みに行こ

みたいに能天気に日々暮らすことはできるだけ避けていきたいと思います。

真剣に考えたい!という人は「LIFE SHIFT」を読んでみてください。

ここまで読んで頂きありがとございました!

ライフスタイル人生哲学
カテゴリー
Taroをフォローする
スポンサーリンク
Taroimo Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました