【2021年最新】ポイント2重取りで還元率2%!おすすめキャッシュレス決済『Kyash』の基本情報を紹介♪

節約
この記事は約12分で読めます。
スポンサーリンク

キャッシュレス決済が普及し始めた世の中、今注目の決済・送金アプリ「Kyash」はご存知ですか?

Kyashとは誰でも簡単にプリペイド式の「Kyash Card Virtual」が発行できるアプリのことです。

Kyashの良いところ
アプリで簡単に管理できる
ポイントを2重取りできる
Kyashユーザ同士で送金できる
家計簿管理が全自動でラクチン

Kyashカードを利用している僕がKyashカードの発行の仕方、Kyashカードでポイント2重取りの方法を紹介して行きます。

この記事を読んで欲しい方
⚫︎キャッシュレス決済をデビューしたい方
⚫︎今の生活をもっとお得にしたい方

Kyashとは?

Kyashとは株式会社Kyashが提供する決済・送金アプリの事です。

スマホアプリをダウンロードしてVisaプリペイドカードを発行することができ、クレジットカードや銀行口座からKyash残高にチャージして使います。

Kyashの残高は、VISAの加盟店ネット上のVISA加盟店で利用することができます。

また、 Kyashアプリを持つ同士であれば、Kyashの残高を送金することができます。

これ、友人との飲み会の場でめっちゃ役に立ちます!

もちろん、送金されたお金はKyashの残高として使うことができます

最近、本人確認が済んでいれば指定の銀行口座に出金が可能になりました。

新カード「Kyash Card」が登場

2020年3月から新カード「Kyash Card」が誕生しました。

デザインがシンプルでスタイリッシュ

かっこいいですよね!

僕は青のカードを持ってます。

Kyash Cardの特徴
発行手数料900円
決済方法タッチ決済 or カード決済
IC決済に対応(Quick Payなど)
ポイント還元率1%
決済上限30万円(1回当たり)
100万円(1月当たり)
特徴①表面にカード番号がないデザイン
②Kyash同士の送金が可能(無料)
③海外利用OK
④支払い時の3Dセキュアに対応
(本人確認)
アプリ上で管理

Kyash Cardのメリット

Kyashのメリット
アプリで簡単に管理できる
ポイントを2重取りできる
Kyashユーザ同士で送金できる
④決済がラクチン
財布を持ち歩かなくて良い
家計簿管理が全自動でラクチン
僕の紹介でKyashに入会すると900ポイントもらえます!
 

今まで現金で支払ってたのをKyashに変えたら4000円も節約になりました!

獲得ポイント8856ポイントの内、5000ポイントはマイナポイント。
実質3856ポイントの獲得♪

①アプリで簡単に管理ができる

・入金、送金の機能
・カード利用の制限
・カード情報の管理

これら全てアプリ内で完結します。

入金方法
①クレジットカードを登録



②「入金」ボタンを押して入金額を決める



以上。お疲れ様でした。

カードの利用制限の仕方
①「設定」を開く


②利用額を設定する

以上。お疲れ様でした。

カードをロックする方法
①「設定」を開く


②「カードロック」をオンにする

以上。お疲れ様でした。

②ポイント2重取りができる

 


Kyash Cardを持つ1番のメリットは「ポイント二重取り」です。

 

でもやり方がめんどくさいんでしょ?

めっちゃ簡単にポイント二重取りできます!

ポイント2重取りの方法!

①Kyashアプリに楽天カードを登録
楽天カードKyash残高にチャージする
Kyashで支払いをする

 

この3つの手順で「Kyashポイント(1%)」と「楽天ポイント(1%)合計2%の両取りができる訳です!

KyashポイントはKyash残高にチャージしてお店で利用する事ができます。

楽天カードを利用する理由
✅年会費無料
✅ポイント還元率1%
✅楽天市場でのお買い物がもっとお得に
✅楽天ポイントがガンガン貯まる
※楽天カードを持っていない人はこの機会に作っちゃいましょう!

⬇️楽天カードのメリットを解説しています
▶︎楽天カードは楽天経済圏へのパスポート。もっとお得な生活へ

③割り勘が楽ちん

グループで居酒屋に飲みに行ったとき

 

 

私1万円しかないんですけど〜

 

あ、お釣りが足りません!誰か両替できます〜?

こういうことよく起きますよね(笑)

Kyashユーザ同士なら送金はアプリで完結します。

これがめちゃくちゃ便利。

④決済が楽ちん+財布を持ち歩かなくていい

iPhoneユーザの僕はQuickPayにKyashカードを登録しています。

スマホでピッと、3秒で決済が終わるので本当に楽ちんです。

財布からわざわざお札と小銭を出す必要もないですし、小銭でパンパンになった財布を持ち歩くこともしなくて良い

さらに、誰が触ったかわからない現金を触る必要もありません。今はコロナが怖いですからね。

Quick payで」もしくは「VISAのタッチ決済で」の一言でスマートにお支払いしちゃいましょう。

④自動で家計簿を付けてくれる

Money Forward(マネーフォワード )という家計簿アプリを使っています。

Money ForwardにKyash Cardを登録しておけば、決済したことは自動的に家計簿を付けてくれます

なんていう優れもの!手動で家計簿を付けなくて済みます。

これがめっちゃ便利。

いちいち財布からレシートを持ってきて、全部スマホに入力していましたが、Money Forwardに連携させればもう楽ちん。

家計簿管理ができるようになり、無駄な支出が減りました

▶︎マネーフォワードについて解説しています
面倒臭がり屋のあなたにおすすめ!家計簿管理アプリ「Money Forward ME」

Kyash Cardのデメリット

Kyashのデメリットを紹介していきます。

Kyashのデメリット
①発行手数料900円掛かる
②公共料金が支払えない
③1回の利用上限が30万円

個人的にKyashを使っていて不便を感じないのですが、一応解説しておきます。

①発行手数料が900円掛かる

Kyash Cardを発行するために900円の手数料がかかることが一つのデメリットです。

ただ、Kyash Cardで900ポイント貯めるとしたら9万円の利用で済みます。9万円なんて生活費1~2ヶ月ほどではないでしょうか?
さらに、生活費月10万円として得られるのは月1000 Kyashポイント
年間12,000Kyashポイントも得られるんです。
12,000円分も浮いたら美味しいご飯でも食べに行けますね!

900円の手数料が掛かりますが、1%のポイント還元を考えると9万円の利用で900ポイントもらえます。

生活費をKyashカードで決済すれば十分900ポイント以上の還元は受けられます。

今だけ僕の招待からKyashに入会して頂くと900ポイントもらえるキャンペーンが開催されています!

【900ポイントもらえる2ステップ】
僕の招待からKyashに入会
銀行口座と連携してKyashに入金
たった2ステップで発行手数料分の900ポイントをもらえます!
僕の紹介でKyashに入会すると900ポイントもらえます!

②公共料金が支払えない

交通機関(定期券・乗車券・切符・モバイルSuicaなど)や税金・公共料金の支払いには対応していません。

ここは注意しておいてください。

③1回の利用上限が月30万円

Kyashの利用上限は30万円/月です。

値段の高いお買い物する際は注意が必要ですね。

生活費のためにKyashを利用する分には十分使えますね。

ここがポイント!
Kyashのアプリで月の上限額・年間の上限額を自由に設定する事ができます。
カードを持つと、ついお金を使ってしまう癖がある人に必見です!


Kyash の登録方法

  1. Kyashアプリをダウンロード

アプリをダウンロードしたら、会員登録をします。

入力項目
①本名
②ユーザ名
③メールアドレス
④パスワード
⑤生年月日
⑥電話番号

本名の入力が求められますが、公開されることはありません。ユーザ名が公開されます。

本名を偽って入力すると、アカウントの利用が制限されることがあるので注意してください。

 

  1. SMSをアプリで認証

必要情報を入力すると、登録した携帯番号にSMSが送信されます。

そこに書いてある認証コードをKyashアプリでSMS認証してください。

 

  1. クレジットカードに紐付ける

Kyashの登録が終わればクレジットカード or 銀行口座と連携させます。

銀行口座の場合
「送金・請求」ボタンを押す



②「銀行口座登録」ボタンを押す


③必要情報を入力
対応銀行
・三菱UFJ銀行
・三井住友銀行
・みずほ銀行
・ジャパンネット銀行
・りそな銀行
・埼玉りそな銀行
・福岡銀行
・関西みらい銀行
・十八親和銀行
・熊本銀行
 
クレジットカードの場合
 
①「入金する」を押す


②「カードを登録」を押す


③必要情報を入力
 
これでKyashの残高にチャージできるようになります。
 

また、自動チャージに設定することで決済・送金する際、残高が0円でも設定されたクレジットカードから自動で不足分をチャージするようになります。

※Kyashに登録できるクレジットカードはVISAMastercardのみです。
JCBは利用できません

  1. KyashCardの発行

Kyash CardはKyashアプリ内で発行手続きをします。

僕の場合、1週間ほどでKyash Cardが届きました

マイナポイントの受け取りも可能!

【マイナポイントとは?】
マイナポイントを使って予約・申込を行い、選んだキャッシュレス決済でチャージやお買い物をすると、そのサービスで、御利用額の25%分のポイントがもらえる
上限5000円分まで)

Kyashを利用していると、MAX5000P(5000円分)受け取ることが可能です。

期間は2021年3月31日まで!

後数ヶ月でこのキャンペーンが終わってしまうので、まだの方はKyashを作るついでにマイナポイントももらいましょう!

※12月8日からサービス内容が改悪?!。

2020年12月8日からKyashのサービス内容が一部変更になります。

  還元上限
 還元率変更前変更後
Kyash Card1.00%1200ポイント/月1200ポイント/月
クレカで入金した残高での決済は500ポイント/月
Kyash Card Lite
Kyash Card Virtual
0.50%600ポイント/月1200ポイント/月
クレカで入金した残高での決済は250ポイント/月

クレジットカードで入金された残高で決済された場合
Kyashポイントの還元上限は500ポイント/月となります。

(Lite + Virtualの場合250ポイント/月)

Kyashユーザの僕からするとちょっと残念ですね。

Kyashのユーザが増えてきたのでしょうか?
仕方ないです。

まだKyashを使うメリットはありそうなので、引き続きKyashにはお世話になります。

※2/3追記!またまたKyash が改悪されました【悲報】もうメリットないかも。

またまたKyashがサービス内容の改定を発表しました。

内容は以下の通りです。

参照:KyashのHP

今までだとクレジットカードのポイント(1%)とKyashのポイント(1%)の合計2%を得ることが出来たのですが、2/4から最大1.2%還元になりました。

変更内容
クレカ(1%) + Kyash(1%)=2%還元
⬇️
クレカ(1%) + Kyash(0.2%)=1.2%還元
この改定により、Kyashを使うメリットがなくなったように感じます。
 

ですので、今後はKyashを辞めることにして、これからはPayPayか楽天ペイにしようと考え中・・・

関連記事:Kyashに変わるお得なサービスを見つけました!

まとめ:改悪でもKyashは利用し続けます。Kyashの利用辞めます。

以上をまとめます。

Kyashの良いところ
アプリで簡単に管理できる
ポイントを2重取りできる
Kyashユーザ同士で送金できる
家計簿管理が全自動でラクチン

僕は友人からKyashの存在を教えてもらい、ほとんど決済はKyashを使ってます。

カード自体もスタイリッシュでかっこいいですし、楽天カード利用でポイントも簡単に二重取りできるので愛用しています。

 

楽天カードを利用する理由
✅年会費無料
✅ポイント還元率1%
✅楽天市場でのお買い物がもっとお得に
✅楽天ポイントがガンガン貯まる
※楽天カードを持っていない人はこの機会に作っちゃいましょう!
⬇️楽天カードのメリットを解説しています
▶︎楽天カードは楽天経済圏へのパスポート。もっとお得な生活へ

人生知っておいた方がいいことってたくさんありますよね!

僕の知っていることはどんどん発信していきます!

人生をもっとお得に!

今だけ僕の招待からKyashに入会して頂くと900ポイントもらえるキャンペーンが開催されています!

【900ポイントもらえる2ステップ】
僕の招待からKyashに入会
銀行口座と連携してKyashに入金
たった2ステップで発行手数料分の900ポイントをもらえます!
僕の紹介でKyashに入会すると900ポイントもらえます!
節約
カテゴリー
Taroをフォローする
スポンサーリンク
Taroimo Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました