老後の資産形成に役立つiDeCo(確定拠出年金)とは?NISAと徹底比較

株式投資
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

将来のために資産形成を始めてますか?

老後2000万円問題

今の若い世代がちゃんと年金をもらえるのか

という不透明な将来を生き抜くために、しっかり資産形成はしていかないといけません。

 

今回は『iDeCo(確定拠出年金)について、NISAと何が違うのか?』を紹介していきます。

 

⬇️NISAに関する記事はこちら
今さら聞けない「つみたてNISA」について

 

【読んで欲しい人】
✔️資産形成をこれから始める人
✔️iDeCoを始める人

以下のことを解説していきます。

✔️iDeCoは私的年金
✔️税金が安くなる
✔️20代からiDeCoはするべきか?

 

iDeCo(確定拠出年金)とは?

iDeCo(確定拠出年金)の特徴

✔️加入は任意
✔️掛け金は全額所得控除
✔️元本保証の商品もあり
✔️税優遇あり
✔️60歳にまで引き出せない
 
【加入区分】【加入対象となる方】【掛金】年額
国民年金の第1号被保険者日本国内に居住する20歳以上60歳未満の自営業者、フリーランス、学生など81.6万円
国民年金の第2号被保険者60歳未満の厚生年金の被保険者(サラリーマン・公務員)の方14.4〜27.6万円
国民年金の第3号被保険者20歳以上60歳未満の厚生年金に加入している被扶養配偶者の方(主婦・主夫など)27.6万円

 

iDeCoは月5000円から始められ、掛金額を1000円単位で自由に設定できます。

運用する商品は自分で決める必要があるので、リスクを取って積極的に資産を増やすのか、元本をカバーして運用するのか、しっかり運用方針を決めないといけません。

iDeCoのメリット

【メリット】
✔️掛金は全額所得控除
✔️運用益は非課税
✔️受取時、控除枠がある

掛金は全額所得控除

iDeCoに加入する最大のメリットは、掛金は全額所得控除になる事です。

 

普通、給料から税金が引かれた「手取り収入」から投資をしなくてはいけません。

しかし、iDeCoだと税金が引かれる前の「収入」から投資ができるようになります。

税金も安くなるし、自分の資産は増える

まさに一石二鳥。

どれだけ節税効果があるのか⬇️をチェック
https://dc.rakuten-sec.co.jp/feature/simulation/

運用益は非課税

通常は、株式投資で得た利益や定期預金で得た利息には、20.315%の税金がかかります。

しかし、iDeCoで運用して得た利益は、すべて非課税です。

そのため、より効率的に老後の資金を貯める事が出来るのです。

積み立てたお金を受け取るときには、控除枠がある

iDeCoで積み立てたお金を受け取る時、

一度にまとめて受け取る場合は「退職所得控除

分割で受け取る場合は「公的年金等控除

が適用されます。

一度にまとめて受け取る場合:退職所得控除 

勤続年数20年以下:40万円✖️勤続年数 (80万円未満の場合は80万円) 
勤続年数20年超 :800万円+70万円✖️(勤続年数-20年)

※勤続年数の起算点は、会社勤めになった年 or iDeCoに加入した年 の早い方 
つまり、早くからiDeCoを始めていると控除枠が増える

iDeCoに30年加入した方が2000万円を受け取る
1500万円(800万円+70万円✖️(30年-20年))まで非課税になります。

 

●分割で受け取る場合:公的年金等控除

以下の通りになります。

 公的年金等の年間収入額公的年金等控除額
65歳未満130万円以下70万円
 130万円超 410万円以下収入金額x25%+37万5千円
 410万円超 770万円以下収入金額x15%+78万5千円
 770万円超収入金額x5%+155万5千円
65歳以上330万円以下120万円
 330万円超 410万円以下収入金額x25%+37万5千円
 410万円超 770万円以下収入金額x15%+78万5千円
 770万円超収入金額x5%+155万5千円

iDeCoのデメリット

【デメリット】
✔️原則60歳まで引き出せない
✔️運用で損をする可能性もある

原則60歳まで引き出せない

iDeCoで積み立てた掛金は、原則として60歳まで引き出せません

つまり、

「まとまったお金が必要になった」ときにiDeCoの積み立て金を充てにできない問題があります。

運用で損をする可能性もある

コロナで株価が大暴落したように、運用で損をすることもあります。

投資リスクはしっかり把握した上で、自分はどれだけのリスクが取れるのか、

自分の運用方針を定め、運用していく事が肝です。

 

iDeCoの商品の中には元本保証のものがありますので、そちらを検討するのも良いかもしれません。

つみたてNISAとは何が違うのか?

つみたてNISAとは何が違うのか、わかりやすく表を作成ました。

 
つみたてNISAとiDeCoの違い 
 つみたてNISAiDeCo
年間投資上限額40万円14.4万円〜81.6万円
非課税期間投資した年から20年間加入から60歳まで
(10年まで延長可能)
途中換金可能
ただし、非課税枠の再利用不可
不可
資金の引き出し可能
ただし、非課税枠の再利用不可
原則60歳になるまで
引き出しはできない。
投資対象商品国が定めた基準に適応する商品定期預金・保険・投資信託
特徴投資額は経費にならない投資額は経費になる

 

個人的に思う20代のiDeCoの運用について

僕は20代のうちからiDeCoの運用をしなくてもいい、

と思います。

 

理由は、60歳になるまでお金を引き出せないから。

お金は使って「幸せ」を得るツールです。それに20代は体力も夢もたくさんあります。

人生に活力がある間にお金を使って今しか経験できない事をする方が、

きっと自分の将来のためになるのかなって思います。

もちろん老後のための資産形成も大事ですが、とりあえずつみたてNISAだけで充分だと、僕は思います。

まとめ

iDeCo(確定拠出年金)の特徴

✔️加入は任意
✔️掛け金は全額所得控除
✔️元本保証の商品もあり
✔️税優遇あり
✔️60歳にまで引き出せない

 

今回はiDeCo(確定拠出年金)の解説とメリット、つみたてNISAと比較解説の紹介でした。

20代のうちから将来を考えて、しっかり資産形成をしていくことはとても重要です。

僕もまだ20代前半ですが、自分のやりたい事をしっかり捉えながら資産形成を図っています。

皆さんで、より良い人生を歩んでいきましょう!

 

⬇️これから株式投資を始める人必見!
おすすめ証券会社3社を比較&解説しています。
https://taroimolife.com/insvestment-for-beginner/2255/
株式投資つみたてNISAiDeCo
カテゴリー
Taroをフォローする
スポンサーリンク
Taroimo Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました