本を定価より安く買う方法!読書好き必見♪

読書
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは!Taro(@TaroimoLife)です!

本って意外と高いんだよね。最新の本は割引されないし、かといって、中古で本を買うのも嫌だし。

ビジネス書って1冊1500円前後。

自己投資のため値段に躊躇できないと思ってるのですが、お小遣いのことを考えたら少々高く感じますよね。

最新のビジネス書でも10~20%OFF or 無料で読める方法があるのは知っていますか?

年間100冊以上!っていうほどの読書好きではないですが、知識のインプットのために毎月3冊のビジネス書を読んでいるぼくが、本を定価より安く買う方法をお伝えします!

本を定価より安く買う方法

2022年にアメリカ横断を計画していて、そのために少しでも普段の生活費を下げるべく本の支出にもこだわっています。

そんなぼくが本を定価より買う方法をお伝えしていきます!

①最新の本を10~20%OFFで買う方法〜Kindle電子書籍〜

本屋に売ってる最新の書籍を20%OFFで購入できるなんて、ありえないですよね。

そもそも新品の本って割引されない?中古だったら割引されるイメージ。

KindleというAmazonの電子書籍サービスを利用すると、最新の書籍を10~20%OFFで購入することができます!

Kindleの特徴

・スマホアプリや専用端末で読書が可能
・Amazonストアで書籍を購入
・持ち運びが便利
・数千冊を保管できる(本棚要らず)
・最新の書籍は20%OFFで買える

たまに激安セールで販売されてる時もあります。

この間は大河内薫先生の「フリーランス税本」が1日限り500円で販売されてましたね!買いました!

スマホで読書すると画面が小さくて読みにくいし、液晶画面だと目が疲れるのでぼくはKindle PaperwhiteというKindle端末を使ってます。

本体価格は18,000円現在14,980円!(特選セール中!)ほどしますが、「持ち運びがラク・紙の書籍より安い・目に優しい」という特徴があり、長期的に見たらオトクかなと思います。

Whitepaperよりも安い端末もあります。Amazon Kindle端末3機種を比較解説しているので、よかったらこちらをご覧ください!

関連記事:Kindle端末3機種を徹底比較!

②無料で読めるPrime Reading

Kindle利用者で、Amazon Prime会員の方は選ばれた書籍を無料で読めちゃいます。

ラインラップはこの通り

堀江貴文の「多動力」とかメンタリストDaigoの書籍など多数取り揃えています。

無料で読める本が毎月変わるので、ぶっちゃけ本を買わなくてもいい感じですね笑

前は、前田裕二「人生の勝算」やスティーブン・Rコヴィーの「7つの習慣 人格主義の回復」も無料で読めました。

③毎月1冊無料でもらえるAmazonオーディブル

これからは音声の時代、と言われ登場したAmazonオーディブルの聴く読書。

このおかげで通勤中や家事中の今まで失われていた時間に読書をするようになりました。

オーディブルの特徴

・オーディオブックアプリ
・40万冊以上のビジネス書・小説が読める
・月額1500円(30日間無料体験あり
・ちょっと聴いて微妙なら返品可能
・ながら読書ができて場所を選ばず本が読める
・スマホやタブレット PCで本を聞くことができます

月額1500円で毎月1コインもらえ、自分の好きな本と交換することができます。

オーディブルの凄いところが、もし合わないな(BGMや朗読者の声、間など)、と思ったら返品してコインをもらって、そのコインで違う本と交換できるんですよ。

この本いまいちだな、って本って返品できないですからね、普通。笑

今なら無料でオーディブルを30日間体験できます。しかも解約しても最初の1冊はずーっと読めちゃいます。

Amazonオーディブルを無料体験する

関連記事:まだもらってないの?無料で本を1冊もらう方法

紙の本からは卒業しました

Kindle×オーディブルを利用するようになり、紙の本はもう読まなくなりました。

理由は

・持ち運びが便利
・いつでもどこでも読書ができる
・海外にいても本が買える
・紙のような質感(Kindle)

Kindle Paparwhiteは普段の読書に使い、海外旅行先でもネットに繋げてポチッと本を買って読めるし非常に便利です!

オーディブルは通勤中や家事中の片手間でインプットするようにしています。いつも1.75~2倍速で聴き、学習効率をあげています!これで通勤中だけでも月2冊読めるようになりました。

オトクに読書を楽しもう!

本を定価より20%OFFで買う方法&無料で本が読めちゃう方法を紹介しました。

紙の本がもつ独特の雰囲気や質感も侮れません。

紙の本の良さ、電子書籍の良さ、音声学習の良さ、それぞれのメリットを理解して、その時の状況で使い分けるっていうのも一つの手かもしれません。

自分に合った方法でエンジョイ読書ライフ!

んじゃ、また

読書
カテゴリー
Taroをフォローする
スポンサーリンク
Taroimo Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました