『経験者が語る」【留学】ホームステイが1番英語と現地の生活文化を学べる!意外にメリットたくさんあるんです

旅行
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

留学を計画している方はきっと

「ホームステイにするか、寮にするか、それかシェアハウスにするかどうしよう?」

と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

僕は高校2年生のときに何に奮起したのかわからないのですが、カナダへ1年間留学をしました
カナダ・マニトマ州の田舎町に暮らす夫婦家族のもとにホームステイした僕が、

実際にホームステイはどんなものだったのか?
生活スタイルは自分に合うのか?
英語はどれくらい学べるのか?

そんな疑問にお答えしていけたらと思っています

参考にして頂けたら幸いです

結論!ホームステイは英語に自信がない人、その国のライフスタイルを学びたい人にはちょうどええ!(笑)

こんなざっくりした結論みなさん求めてないですよね(笑)何が良いのか詳しく説明していきますね笑

前述しましたが、高校2年生のときにカナダ・マニトバ州の人口3000人ほどしかいない田舎町に暮らす夫婦?2人家族のところへホームステイをしました
なぜ夫婦に「?」がついたかと言うと、夫(George)は離婚経験があり、今の妻?(Pearl)(多分愛人かな)と一緒に暮らしてました
さすがにここの込み入った話は1年間聞けず終いでしたね(笑)

Georgeは夏は酪農と農業の仕事をして、Pearlはキャノーラオイル工場でパートで働いていました。
Pearlは休日になると彼女の大好きな馬とずっと遊んでましたね(笑)
Georgeはずっと小屋に篭ってよくわからん部品を製造したり、小物を作ったり
日曜大工の範囲超えてました(笑)

ホストファミリーは神

初めて実家を出て、1人で外国に飛び立つ

海外暮らしの憧れは強かったのでウキウキしてましたが、いざ出発の前日になるとかなり不安になったのを今でも覚えています。

学校で普通の成績を取るくらいの英語力しかなかった僕は、実際に現地では自分の英語力は全く通用せず
カナダの高校に入学して、授業に参加してもほとんど意味がわからず(笑)

そんな僕でもホストファミリーは温かく歓迎してくれました。

第二の家族的な存在

ホストファミリーは本当に心強かったです
これからの生活への不安、学校生活への不安などいろんな話を聞いてくれました

Pearlなんか「俺のおかんか」って言わんばりの姿勢で僕と接してくれて今でもすごく感謝しています

現地の人と触れ合うことでしか得られない経験

40匹以上いる猫と暮らす
家族でキャンプに出掛ける
Shootingでリス狩り
牛の大移動と餌やり
馬に乗ってお散歩
セカンドハウス建設のお手伝い
ジェットスキーで川遊び
小6並のフクロウに出会う

①40匹以上の猫と暮らす

猫アレルギーの人には大変ですよね(笑)
僕はアレルギーもなく、動物は(昆虫以外)なんでも好きなので特に不便はなかったです

中には2~3匹お気に入りの猫がいて、めっちゃ可愛いんですよね!
それだけ猫がいるから服が猫の毛だらけになることもしばしば

②家族でキャンプ

湖畔でキャンプしました
魚釣りをしたり、船を出してクルージングしたり、夜はでっかい花火を上げました

自分で釣った魚のフィッシュアンドチップスは格別に美味かったです

③Shooting でリス狩り

月に一度は草原に出かけてリス狩りをしてました 

まじの銃ですよこれ 
これでリスを狩るんです 

カナダでの一種の遊び方ですね 遊び方が度肝を抜いてる 

ちなみに、狩ったリス達は猫の餌になります

④セカンドハウス建設のお手伝い

セカンドハウスの前でBBQ♪

ホストファミリーは湖畔の近くでセカンドハウスを建てており、それをお手伝いすることも 

2年くらいかけて自分たちだけで建てているそう 
日本ではまぁ考えられないですよね 究極のアウトドアや

小6並のフクロウに出会う

家の周辺ずーっと草原なのでボケーっと外を見つめることがありました 

そのとき数百メートル離れた大きい木の上に、何やらでっかい塊が見えました 
なんやろ?」ってずーっと見てたら急に飛び出して、羽ばたいていきました 
その羽を広げた大きさから、そのときの距離感からおそらく小6男子並の大きさでしたね 
かなりデカかったです 
あんなフクロウ見たことないです 

そのフクロウ何かな?って調べたらおそらくこいつっぽいです

北アメリカなどの寒冷地に生息していて、翼を広げたら142cm!!!ほんま小6であながち間違いではなかった!

時にはホストファミリーと喧嘩することもある

僕もホストファミリーも人間、しかも育ってきた環境も違うし文化も違う
ちょっとしたことでも「嫌だな」「なんか変だな」って感じるものです

僕もなんの理由で喧嘩したのか正直覚えてないのですが、ホストマザーと喧嘩をしました
今となっては良い思い出なのかなって思います

英語で喧嘩できるくらい英語力付いたんやって そう考えたらかなり自信つきましたもんね

ホストファミリー以外に相談相手を!

ホストファミリーとのトラブルが深刻な問題となった場合、迷わず日本にいる家族でも友達でも、留学の手配をしてくれている会社のスタッフにでも相談するようにしましょう

特に留学会社のスタッフはこういったトラブルの対処に慣れていることもあるので適切なアドバイスをしてくれるはずです!

悩むことがあったらいつでも相談しましょうね!

まとめ

ホームステイはめちゃくちゃ気を遣う、トラブルが結構多い、とか言われますがそんなことはありません 
99%ホストファミリーはいい人ばかりです 
休日どこか連れて行ってもらったり、その国でしかできないことをさせてくれたり、めちゃくちゃ良い経験をすることができます

旅行先で出会った地元の人がオススメしてくれたレストランとか居酒屋とか外れがないじゃないですか
結局、そこで暮らしている人と接することが1番濃い経験ができると思うんです

もし、留学でホームステイにしようか、寮にしようかと悩んでいる方がいたら、ホームステイチャレンジしてみてください!

旅行STUDY ABROAD
カテゴリー
Taroをフォローする
スポンサーリンク
Taroimo Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました