【人生の抱負】2021年にやりたいコト6選

ライフスタイル
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

 

こんにちは!Taroです!

新年明けましておめでとうございます!

あれよあれよという間に、2021年がスタートしましたね。

 

2021年の目標は立てましたか?
 

ってことで、今回は

2021年に僕がしたいことを声高々に宣言します。

めっちゃ個人的なことなので、皆さんが興味なるかどうかわからないけど。

ふーんこの人はこんなことしたいんだぁ

私も同じことしたいなぁ

って同感してくれたら嬉しいです。

2021年にすることリスト

1.副業で月5万円稼ぐ
2.サラリーマンを辞める
3.2022年アメリカ横断へ向けて準備
4.日本全国の友人邸にお邪魔する
5.配当収入年間5万円
6.ハーフマラソンの完走
7.ニセコに冬シーズン滞在

副業で月5万円稼ぐ

2020年8月にブログを、11月に動画編集を副業として始めました。

ブログでは12月の売り上げが初の5桁を達成(ほぼセルフバック)。
徐々にPV数も増えています。

 

時給換算で言えば、まだ雀の目やにほどですが、
たくさんの人に僕のブログに気付いてもらえるよう毎日更新を頑張っています。

 

動画編集では12月に初案件をゲット。

これも時給換算で言えば、ミツバチの羽くらい。

まぁお小遣いもらいながら実績を作るには申し分ないか

 

ブログ ❌ 動画編集

で月5万円の副業収入を目指します。

サラリーマンを辞める

11月末でサラリーマンを辞める決意をしています。

Taro

ん〜やっぱりサラリーマンは時間が拘束されまくるから、結構キツい!

 

最近、リベ大の学長やDaigoさんのyoutube動画見てたら、お金がなくても時間の自由がある人の方が人は幸せになれる、ってことを知って、今の自分に置き換えてみると、

 

自由な時間=幸福

 

って思うようになりました。

辞める上で心配はありますか?

そんなものありません!

どうせ何とかなるんだから。

2022年アメリカ横断の準備

いよいよアメリカ横断まで1年後に迫りました。

 

アメリカ横断に向けて準備すること

1.キャンピングカー・飛行機の予約
2.ルート決め
3.観光スポットの調査
4.アメリカ横断打ち上げ場所の決定
5.貯金
 

予算は30~40万円。

貯金が結構ネックかも?

まだ時間はあるので、毎月ちょこちょこ貯金していきます。

配当収入年間5万円

 

2020年の配当収入は7000円くらいでした。

お金がお金を産む、初めての経験。

配当利回り3%を目指すと、必要資金は170万円ほど。

 

✅毎月5万円+ボーナス+副業収入で
✅高配当米国株(SPYD+HDV)を定期的に買い付けます。
 

年間60~80万円くらいの投資金額になる予定です。

少し厳しい目標になるかもしれませんが、頑張ります。

アメリカ横断時に少しでも収入の糧になれば良いな。

日本全国の友人邸にお邪魔する

サラリーマンになってから、大学の友人やリゾバで知り合った友人・ワーホリで知り合った友人に会えなくなりました。

 

これは仕方がない、で済まされるのだろうか?

 

サラリーマンを辞めて、フットワークが軽くなれば日本全国にいる友人宅にお邪魔して、ついでに日本中を旅したいなって思います。

チャリンコを担いで、電車・バス旅も面白そうやな

ハーフマラソンの完走

大会に出場するかを問わず、21kmマラソンを完走します。

2022年にトライアスロン に出場したいなって思っているので、そのためのトレーニングですね。

気軽にマイペースにトレーニングを積んでいきます。

2021/22シーズンはニセコに移住

2021年12月〜22年3月までニセコ に移住します。

やっぱり冬はスキーがしたい!

 

年に1度しかこない冬の季節。それに、極上のパウダースノーでスキーができるのはほんの数回。

身体が動くまでスキーができる残りの年数を見ると、後何回できることやら。

 

1度しかない人生。やりたいことをとことんやるのが自分のためですよね。

まとめ:やりたい事はとことんやろう

24歳になって改めて

やりたい事はとことんやり尽くしてやろう

そう決めました。

 

会社員としてお金を稼げるようになっても、20代という人生で最も大切な時間は戻っては来ません

それもどれだけ金持ちになろうが、時間は買えません。

 

これからは

「ただ好きなことをする」

という人生を歩むことにします。

 

仕事も遊びも、全力で遊んでやる。

 

あなたのやりたい事、ってなんですか?

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

今日も1日頑張りましょう!

ライフスタイル
カテゴリー
Taroをフォローする
スポンサーリンク
Taroimo Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました