2020年版『ギリ島』バリ島から2時間でパーティアイランド♪行き方と注意点を紹介!

旅行
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

ロンボク島の東側に位置するこの島は、俗に『パーティアイランド』と言われ、欧米人の間で今注目を浴びるギリ島

ギリ島はすごく小さな島なので空港は存在せず、船で行く必要があります。

今回はバリ島からギリ・トラワンガン島までの行き方とスピードボートに乗る際の注意点を紹介します。

ギリ島は全部で3つある!?

まずギリ島の基本情報を紹介します。

「Gili Trawangan(ギリ・トラワンガン)」
俗に言うパーティアイランド。
島全体で白い砂浜水色に光る海が見える美しい島。
夜はバーやレストランが活気付きます。

「Gili Meno(ギリ・メノ)」
落ち着いた島。欧米人の間ではハネムーンとして有名。

「Gili Air(ギリ・アイル)」
ギリ3島で1番小さな島。
海がとにかくきれい
*じゃあどうやってギリ・トラワンガン島まで行く?
行き方は3つあります。

チケットは『Direct Ferries』で予約

Direct Ferriesは世界最大のフェリー予約サイトで、
全世界のフェリーのチケットをこのサイトから予約することができます。

Direct Ferriesをオススメするポイント!

① 簡単オンライン予約
予約・決済は全てオンラインで行われます。

チケットはメールで送られてくるので、印刷する必要がありません。
当日、乗船する時はそのメールを見せればOK!

② 日本語対応OK
英語には自信ない方でも大丈夫!

サイトは日本語に対応しているので、英語がわからなくても簡単にチケットを予約することができます。
カスタマーサポートもしっかりしているので安心ですね♪

③ ぼったくられる心配なし
東南アジアの国などではチケット代を現地で買おうとすると、ぼったくってくる人もいます。

(残念ながら・・・)
行ったこのない土地では相場がいくらかもわからないし、英語がしっかりと話せないとチケットすら予約できないし大変です。

Direct Ferriesはしっかり値段・出発地・到着地・時間が記載されているので安心して予約することができます

ダイレクトフェリーズ: 世界最大のフェリー予約サイト
ダイレクトフェリーズなら、Tallink Silja、Tirrenia、St Peter Line、Seajets、パンスタークルーズ、カメリアラインなど大手が運航する、世界各国のあらゆるフェリーを予約できます。チケットの購入はこちら。

パダンバイ(バリ島)からギリトラワンガン(ギリ島)まで

所要時間 2時間程度
値段  1人約4000円(Golden Fast Boat)の場合

出発地は「パダンバイ」「サヌール」「スランガン」3ヶ所からギリ・トラワンガンまで行くことができます。
今回は「パダンバイ」を選びます

その後、予約確定ボタンを押し、クレジットカード情報を入力すればチケット予約は完了です。
予約後、登録したメールアドレスに予約情報が送信されます。

⚠️スピードボート会社は「Bluewater Express」社しか表示されていませんが、他にも「Golden Fast Boat」や「Marlin Fast boat」などたくさんボート会社があります。

パダンバイまでの行き方

① ホテル送迎 オススメ👍

どこのホテルでもフロントで頼めば送迎タクシーを手配してくれるはずです。
他のタクシーよりも少し割高になるかもしれませんが、安心・安全面を考えれば一番良い選択かもしれないです。

② Grab タクシー

Grab - Transport, Food Delivery & Payment Solutions
Grab is a Singapore-based technology company offering ride-hailing transport services, food delivery and payment solutions. Find out more!

安く抑えたかったらGrabがオススメ
僕たちもどこかに行くときはGrabを利用します。実際はどうかわかりませんが、バリのタクシー「Blue Bird Taxi」よりも料金は安い気がします。

⚠️ギリ島に行く際の注意点⚠️

① ボートが定刻通りに出発しない

定刻通りに出発しないことがほとんどです笑
僕は3回スピードボートを利用したことがありますが、全て20分、30分遅れで出発しました。
ですので、帰りの飛行機がある人など、時間にシビアな方はなるべく時間に余裕は持たせたほうが良さそうです。

② 少し海に入る場合がある

ボート会社にもよると思いますが、船の乗り降りで足下だけ海に入らないといけない場合があります。
ビーチサンダル・足元が濡れても平気な格好で乗船されることをオススメします。

③ チップを上げるべし

クタ・スミニャック周辺からパダンバイまではかなり距離があります。
特にGrabタクシーで行かれる際は、気持ち程度に(50,000Rp 400円くらい)チップを上げるようにしましょう。ドライバーに喜ばれます。

④ バリ島の交通渋滞

バリの渋滞は予測できません。Google mapで1時間と表示されても実際に行くと1時間半くらいかかることもあります。パダンバイに向かう際、30分から1時間程度時間に余裕を持たせましょう。

ギリトワランガンは島全体がリゾートになっており、所々インスタ映えするようなスポットもありとても楽しめました!
バリ島にはない雰囲気もあり、とてもお勧めします!

まだ、日本人にはあまり知られていないのか、僕たちが行った時は日本人は誰もいませんでした。
ほとんど欧米人ばかり!

よかったら旅の参考にしてみてください!

旅行ASIABALI
カテゴリー
Taroをフォローする
スポンサーリンク
Taroimo Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました