【投資初心者】実績公開♪つみたてNISA16ヶ月目の運用報告!

株式投資
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

 

こんにちは!Taroです!

つみたてNISAを始めてから16ヶ月が経ちました!

投資に興味あり
投資に興味あり

つみたてNISAで実際に運用している人の運用益ってどんなもの?

 

こんな疑問にお答えしていきます!

実際につみたてNISAを運用中の私がこのブログで以下を解説します。

・つみたてNISAの実績
・運用益を公開
・今後の展望やおすすめの投資信託

 

つみたてNISA16ヶ月目の実績公開!

早速つみたてNISAの実績について、最新の結果をお伝えしていきます。

直近における、つみたてNISAのトータルの積立金額と評価損益は以下の通りです。

 

合計¥899,018  
元本¥757,907  
評価損益+¥141,111先月比+¥100,199

 

推移をグラフで表すと以下のとおりです。

 

といった感じの実績です。

保有株別の

保有株別の評価損益は以下の通り

保有銘柄基準価格評価額11月構成比先月比
楽天全米株式¥14,228¥629,09769.98%13.1%
eMAXIS  新興国株式¥14,421¥94,89610.56%10.55%
eMAXIS先進国¥11,695¥123,70513.76%14.62%
その他 ¥51,3205.71% 

 

2018年から始めたのですが、2020年11月からブログで実績公表するためにグラフを作成し始めたので、グラフを作成しておりません!

気が向いたら過去実績のグラフ作成します!

しばし、お待ちを

実績を見た感想

【グラフの気づき】
✔️12月も過去最高益を更新中
✔️新興国株がコロナショックから持ち直り成長中

 

2020年3月のコロナショックで大きくマイナスになった後、その後株価は回復。

S&P500も過去最高益を連続更新中

12月も評価損益は過去最高益を更新し続けています

12月に入ってから中国株の成長が影響したせいか、eMAXIS slim新興国株の上昇が見られました。

今後の展望

eMAXIS slim S&P500に投資

来月のつみたて投資から「eMAXIS slimS&P500」に変えることにしました。

理由は

✅手数料コストが安い
✅楽天全米と過去の運用実績が変わらない

から。

 

⚫︎eMAXIS slim S&P500:年0.0968%
⚫︎楽天全米株式インデックスファンド:年o.162%
(以下、楽天VTIに省略します)

5000銘柄に分散を利かしている投資信託ですが、その運用成績はeMAXISslimS&P500とまちまち。

 

楽天証券参照:eMAXIS slim S&P500

 

楽天証券参照:楽天全米株式インデックスファンド

 

もちろん楽天VTIに投資するメリットもありますが、長期投資には

手数料コストをとことん下げる

という鉄則のもと、eMAXIS slimS&P500に投資すると決めました。

ファイザーの新薬でお祭り騒ぎ

米ファイザーと独バイオテックが共同開発したコロナウィルスの治療薬が完成したことにより、株価の値上がりに拍車を掛けました。

『金融緩和✖️ワクチン開発』でS&P500は最高値を連日更新。

実体経済とかけ離れた株価の上昇が続いております。

資産を最大化させている投資家はめっちゃ多いんじゃないですか?

バイデン大統領の誕生

バイデンがアメリカ大統領に就任する日も近くなりました。

 

投資家
投資家

バイデンが大統領になると株価が下がる!

と言われていましたが、蓋を開ければS&P500は過去最高益を突破。

今も過去最高益を更新し続けています。

GAFAMへの厳しい規制や法人税の増税など不安なところもありますが、アメリカ経済はこれからも成長を続けるのではないか?と思います。

つみたてNISAで運用できるおすすめ投資信託

僕は楽天証券でつみたてNISAを運用しているので、楽天証券で購入できる投資信託に絞って紹介します。

eMAXIS slim S&P500

✅手数料コストが安い
✅アメリカ一強の時代

S&P500は連日最高値、コロナショックは随分前のように感じます。

 

✔️数々のイノベーションはほとんどアメリカから誕生している
✔️世界の優秀な人はアメリカ企業に雇われる

ことから、これからもアメリカ一強の時代は続くと思います。

 

⬇️詳しく解説しているので、よかったら参考にしてください。

 

eMAXIS slim 全世界株式(オール・カントリー)

✅手数料コストが安い
✅世界全体を買う

これ一本で全世界の株式に分散投資ができ、かつコストが激安(0.1144%)

これにつみたて投資をしていれば間違いないと言える投資信託ですね。

 

⬇️詳しく解説しているので、よかったら参考にしてください。

まとめ:コロナバブルは続くか?

FRB、量的緩和を長期維持 「完全雇用に近づくまで」: 日本経済新聞
日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。

FRBは今後も金融緩和を継続して、お金をジャンジャン刷りまくるって公言しています。

日銀も金融緩和を継続していく方針を固め、まだまだ株式市場にお金が流れ込むことが予想されます。

しばらくは株価の上昇は期待できるでしょうが、その後バブルが弾け飛ぶことも懸念されます。

 

今後の予想は難しいですが、長期投資の基本

✅定期的に買い付けて
✅30年・40年と長期保有する

ことを忠実に守り、つみたてNISAを続けていきます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました! 

今日も1日頑張りましょう!

⬇️これから投資を始める人のためにおすすめの証券会社3社を比較しています
https://taroimolife.com/insvestment-for-beginner/2255/
株式投資つみたてNISA
カテゴリー
Taroをフォローする
スポンサーリンク
Taroimo Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました