「FIRE」月3万円の節約は資産形成に爆発的好影響がある【蓄財レースを制する】

節約
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

こんなツイートをしました。

 

細かい節約をしても何も変わらないし、とにかく投資投資!(高配当株)

 

今まで僕はこんな考え方で過ごしていました。

ちょっと待って!!

ある日気づきました。

配当収入で月3万円を目指すよりも、生活費を見直して月3万円を節約する方が簡単ってことを。

しかも家計簿の内訳は変わらない。

⬇️生活費が月20万円・収入が月20万円の人

【配当収入月3万円】
収入       :支出
23万円        20万円
(+3万円の副収入)

トータル➡︎ +3万円

【節約月3万円】
収入       :支出
20万円      17万円
(-3万円の節約)

トータル➡︎ +3万円

この記事を読んでわかること
①生活費を見直して月3万円を節約する方法
②3万円の節約は金融資産1000万円以上の価値がある
③節約+高配当株投資でFIREまでブースト

早く仕事をリタイアして自由に暮らしたいなぁと思っているあなた!

ぜひこの記事を読んでください!

家計の最適化(節約)を考える

生活費をうまく見直せば月3万円は簡単に節約できます。

月3万円も節約できたら年間36万円!海外旅行行けるじゃん!

見直したい生活費
①住居費
②通信費
③外食費
④車両台
★キャッシュレスでポイ活

それでは1つずつ解説していきましょう!

①住居費

生活費のかなりのウェイトを占める「住居費」

ここを少し見直すことで1万円〜2万円くらい節約出来ます。

住居費を抑えるポイント
①企業の福利厚生(社宅)
②田舎に暮らす
③シェアハウス

会社の社宅は有効活用しましょう。

私が働いている会社は住居費は全くゼロです。完全に会社の福利厚生の恩恵を受けています。ありがとうございます。

(住居費がゼロなのも、この会社を選んだ理由だったり笑)

リモートワークが可能な方は家賃の安い田舎町に暮らすのも良いでしょう。

都心部では1Rでも10万円を超えるところもあるし、近所のスーパーの食品の価格も高かったり。

田舎町だと1LDKで3万円〜とかザラにありますからね。

スーパーに並んでいる野菜も近所のとれたてで、値段もすごく安いことが多いです。

一人暮らしをしている方はシェアハウスも検討してみるのもアリですね。

東京でも個室部屋+共益費で月3.5万円〜とか普通にありますし。

シェアハウスの良いところ
①大体清掃スタッフがいる
②光熱費・水道代が無料
③家電・家具が揃っている
④友人が増える (国内外)

シェアハウスなので他人とのコミュニケーションは必須ですが、

✅いつ帰っても「おかえり!」って言ってくれる人が居てくれる
✅仕事の悩みを聞いてくれる人がいる

環境があるのはすごく良いですよね。

➡︎シェアハウス物件探し@東京「GG House Management」「ひつじ不動産
シェアハウス物件探し@京都「J-Stay」「ひつじ不動産
シェアハウス物件探し@大阪「ひつじ不動産

②通信費

通信費で月1万円以上払ってたら、それはヤバイですよ!

こないだ大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)でもスマホの格安プランを出しましたね!

⚫︎Ahamo(ドコモ)▶︎2980円(税抜)/月

⚫︎povo(au)▶︎2480円(税抜)/月

⚫︎SoftBank on LINE(ソフトバンク)▶︎2980円(税抜)/月

通信費はしっかり見直せば生活費は下げることができます。

心当たりがある方は、今すぐにでも通信費を見直しましょう。

ちなみに僕は通信費1年間無料の楽天モバイル(2980円/月)を利用し、月7000円の節約に成功しました。

➡︎楽天モバイルの基本情報を見てみる

③外食費

会社の上司・同僚に誘われて外食に行っていませんか?

友達に誘われて、毎日のように外食に行っていませんか?

もちろん全ての外食がダメ!ってなわけでは無いです。

飲みニケーションと言われる通り、お酒の場で上司・同僚の交友関係を気付いたり、仕事のアドバイスを貰ったり、友人と飲みに行って素敵な時間を過ごしたり。

でも、毎週のように外食に行く必要があるのか?と自問自答してみてください。

外食費を抑えることができるポイント
①友人との食事はランチにしてみる
②会社の人との飲み会は月2回まで
③自炊を心掛ける

④車両代

見栄っ張りだけの車両代は家計を圧迫させます。

車にかかる維持費(年間)
①自動車税
②自動車重量税
③自賠責保険料
④自動車保険
⑤燃料費
⑥駐車場代
⑦メンテナンス費

⚫︎軽自動車▶︎月3万円(年間35〜48万円)

⚫︎普通車 ▶︎月4.3万円(年間50〜53万円)

⚫︎コンパクトカー▶︎月3.6万円(年間44〜47万円)

車が必要って方もいますよね。

都心部ではかなりシェアカー市場が拡大しています。

個人が保有する車を貸し出すサービス(Anyca)や時間貸し・乗り捨てサービスのあるタイムズカーレンタル などあるので、わざわざ車を保有する必要はありません。

もし田舎暮らしで日常生活で車が必要って方は、維持費の掛からない軽自動車を選ぶなどの配慮をすれば十分でしょう。

★キャッシュレス決済でポイ活

生活費の支払いはキャッシュレス決済をオススメします。

キャッシュレス決済の良いところ
①ポイントが貯まる
②スマホで決済が完結
③衛生的に良い
④アプリ連携で家計簿管理がラクチン

キャッシュレス決済・ポイ活って面倒臭そう

僕は楽天カード✖️Kyashカードを利用しています。

仕組みはカンタン

①楽天カードでKyashにお金を振り込む
②KyashカードをQucikPayに登録する
③QuickPayで支払う

これだけで楽天ポイント(1%)とKyashポイント(1%)を稼いでいます(合計2%還元)

➡︎詳しい楽天カード・Kyashカードの使い方はこちら

 

そして、カード類を全てマネーフォワード(家計簿管理アプリ)と連携しておくことで自動で家計簿を付けてくれます。

これが本当にラクチン。

全て自動で支出をカテゴリー分け・グラフ化してくれるので、何にどれだけ消費しているのか一目で分かるようになります。

面倒臭がり屋にもぴったりな家計簿管理アプリです。

➡︎マネーフォワードについての基本情報はこちら

キャッシュレス決済であなたの生活をより効率的にしていきましょう。

以上をまとめます。

社宅 or 田舎暮らし or シェアハウスで住居費を抑える
格安プラン・格安SIMに切り替える
外食のルールを決める(例 月2回まで)
シェアカーを利用する or 軽自動車
キャッシュレス決済でもっとお得に

これで月3万円は絶対に節約出来ます。

一度試してみてください。

3万円の節約は金融資産1000万円以上の価値がある

月3万円の節約は金融資産1000万円以上の価値に相当するんです。

イメージしづらいですよね。解説していきます。

 

配当利回り3%で高配当株に投資していると仮定します。

その資産額は1000万円。年間配当額は1000万円 ✖️ 3% = 30万円。

30万円/年間 2.5万円/月

つまり、3万円/月の節約配当収入2.5万円/月の資産1000万円以上の価値があると言えるのです。

でも資産1000万円なんか程遠すぎる。

だからこそ、生活費を見直して月3万円の節約を目指す

これに尽きます。

高配当株投資+支出の最適化でFIREへブースト

高配当株投資で3万円/月の配当収入を目指しつつ、3万円/月の節約をすることで一気にFIRE(経済的自由)までブーストを掛けることができます。

生活費が下がればFIREのために必要な資金は少なくなります。

仮に40歳でFIREを達成するとして、85歳まで生きるとします。

生活費はざっくり15万円。

40歳時点でFIREに必要な資産額は

15万円✖️12ヶ月✖️45年=8100万円

8100万円までの道のりはこんな感じ⬇️

リターン5%と仮定
   毎月積立額/
投資期間
5万円10万円15万円20万円30万円
10年間776万円1,552万円2,329万円3,105万円4,658万円
20年間2,055万円4,110万円6,165万円8,220万円12,331万円
30年間4,161万円8,322万円12,483万円16,645万円
40年間7,630万円15,260万円

ギリギリまで生活水準を落とすのは無理

生活費を限りなく抑えることでFIREの達成は近づきますが、それはなかなか難しいことですよね。

でも「生活費を抑える」ことを少し頭の隅で考えておけば、

①好きでも無い仕事を続ける必要はなくなるし
②生活に余裕が出てくるし
③お金に困ることが少なくなる

ストレスの少ない生活を送ることができます。

支出を最適化しつつ、高配当株(キャッシュ製造機)に投資をすればFIREへの道はグッと近付きます。

まとめ:絶対誰でもFIREすることができる

以上をまとめます。

支出をしっかり見直す
月3万円の配当収入は時間が掛かる
月3万円の節約はカンタン
支出の最適化+高配当株投資でFIREまでブースト

FIRE目指さないにしても、支出をしっかり見直すことは全員がすべきことだと僕は思います。

「お金」は人生で最も大きな悩み事の1つ。

少しでもお金に困らないよう今のうちから人生設計をしていくことで、ゆとりある生活を送れることでしょう。

節約セミリタイア
カテゴリー
Taroをフォローする
スポンサーリンク
Taroimo Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました