【留学経験の活かし方】留学帰国後、僕はこうして英語力を維持しています!

旅行
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは!Taroimoです!

僕は高校2年の時、1年間カナダに留学をしていました。

帰国後、培った英語力はどう維持したら良いのか?悩みました。

留学を経験された皆さんはどうやってその英語力を維持しているのでしょうか?

考えられるのは、

大学でさらに英語を勉強する
違う国へもう一度留学をする
英語を活かした仕事に就く

そんな感じですかね?

僕は悩んだ挙句、3つのことで英語力の維持に励みました

今回はそんな留学後の英語力を維持するためにしてきたこと・していることを紹介していきます!

英語力維持のためにしてきたこと

【白馬・ニセコでリゾバ】
【TOEICの勉強】
【NZへ武者修行】

白馬・ニセコでリゾバ

大学に入学してから、冬の休みの期間は「白馬・ニセコ」でリゾートバイトをしていました。

皆さんも1度は耳にしたことはあるのではないでしょうか?

「白馬・ニセコ」は、今や「海外リゾート?」と勘違いするほど、毎年たくさんの外国人観光客の方が訪れます。僕の印象だと「日本人1:9外国人」ってくらい(笑)

そんな場所で僕はスキーインストラクターとして働いていました。ニセコでのスキーレッスンは99%が外国人めちゃくちゃ英語使いました

今年もニセコでインストラクターをしに行く予定ですが、このコロナの状況で、果たして外国人観光客の方はニセコ に来るのでしょうか?

まぁ仕事がなくても、パウダー楽しめたらそれで良いんですけどね(笑)

TOEICの勉強

TOEICは「就活で活かせる」と知って、大学のTOEIC講座でなかなかハードに勉強しました。(勉強めっちゃ嫌いな人✋)

留学後に受けたTOEICが520点だったにも関わらず、勉強した成果が出たのか855点取れました!

留学の経験があって520点ってなかなかひどいですよね(笑)

でも、人に言えるくらいの点数を取れたので結果オーライ

NZへ武者修行

大学を1年休学してNZへワーホリ に行きました!

当時全くお金がなかったので、極貧生活を送っていました(笑)

毎日の食費のためにせっせと働いていましたね。

NZ滞在中はずっと旅人が集うゲストハウス住み込みで働いていました

本当にたくさんの世界中の旅人に出会えました

NZ・オーストラリア・イギリス・ドイツ・スロベニア・アルゼンチン・イタリア・フランス・スウェーデン・ポーランド・韓国・中国・日本

やっぱりみんなで会話するときは「英語」なんですよ。改めて世界の言語は「英語」なんだなって気づきました。もっと英語勉強しよ!

英語を活かすためにしたいこと!

【Native Campの講師】
【外国人観光客のガイド】

Native Campの講師

Native Camp」っていうオンラインの英会話教室があり、英語を話せる人・高度な英語力を持っている人であれば誰でもオンライン講師になれるんですよ。

講師になるためにはテストを受けないといけないんですけど、一応合格しました(高度な英語力なんて持ってないけど笑)

未だ英語レッスンをしたことはないですが、これから時間あるときにやっていけたらなって思います

オンラインでできるので、いつでもどこでも英語に触れる機会を増やせるので良いですよね。

外国人観光客ガイド

Huber」という通訳ガイドと外国人観光客をマッチングさせるプラットフォームがあり、英語が話せる人なら誰でも通訳ガイドとして案内できる、そんなサービスがあるんです。

英語を活かして仕事がしたい人と、慣れない日本で案内してくれる人が欲しい外国人観光客を組み合わせる、良いサービスだなぁ、やってみようかなぁと思ってた矢先。

サービス終了のお知らせ。

Huber.Inc
株式会社Huber. | 私たちHuber.は、世の中の人と人のHubになり、 たくさんの素晴らしい旅の体験を創出することで、目指す未来を実現してゆきます。

マジかぁ。このコロナの影響もろに食らったんやろうなぁ。残念。

コロナが落ち着けば、また新しい同じようなサービスが出てくると思うので、その時を気長に待つことにします。

まとめ

以上、英語力維持のためにしていること、英語を活かすためにしたいことを紹介していきました。

留学を経験した皆さんは、英語力維持のためにどんなことをしているんでしょうか?

気になるので、「私こんなことしています!」的なことがあれば、よかったらコメントください!

ここまで読んで頂き、ありがとうございました!

旅行STUDY ABROAD
カテゴリー
Taroをフォローする
スポンサーリンク
Taroimo Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました