新型コロナ【海外旅行に行く前に気をつけたいポイント】これを知らないと帰国時大変なことになります。

旅行
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは!海外旅行行きたい欲が溜まりに溜まっているTaroです!

今年の夏休み海外旅行の計画してたのに行けなかった!
そんな人もおられるでしょうか?

現在、日本国内でもコロナ感染の拡大が抑えられてきており、一般の人でも一部の地域のみ海外旅行を解禁しています。

今回は、「今海外旅行する人が気をつけたいポイント」をまとめてみました。

この記事のポイント
・日本への入国者(帰国者)が知っておきたいポイント
・入国制限の条件付き免除について

*本記事は決して海外旅行を推奨するものではございません。
海外旅行にいかれる際はご自身の責任元、判断してください。

日本へ入国(帰国した人は)14日間待機しなければならない

日本へ入国した人すること
・14日間の指定場所での待機・公共交通機関を使用しない
・入国後の滞在場所と移動手段の共有
・保健所からの健康確認

現在、施行されている制限では日本以外の全ての国から日本へ入国した人は、検疫所長が指定する場所(自宅など)で入国の日から14日間待機しなければいけません。

そして、その指定場所までの移動は「公共交通機関を使用しないこと」が条件です。
帰国前に自家用車やレンタカーを手配しておく必要があります。

さらに、それら「待機場所」と「交通手段」は検疫所長との共有が義務付けられています。
さらに!入国から14日間、保健所から健康状態に異常がないか「電話」か「メール」が来ます。

結構大変ですね。
保健所からの連絡って本当に毎日来るんでしょうか?

入国後コロナ検査をする必要も

政府が判断する「入国拒否地域」から日本へ入国しようとする人は、さらに条件が加わります。

・新型コロナウイルスの検査を受けること
・検査結果が出るまで、1~3時間待機しなければならない(状況によって翌日まで)

その「入国拒否地域」とは?

こんな感じ

ヨーロッパ各国・アメリカ・カナダも含まれていますね。

皆さんの疑問に答えます!Q&A

厚生労働省のHPに記載されている「水際対策の根本的強化に関するQ&A」から引っ張って来てます。

出入国制限の新たな緩和策(11月2日最新情報)

日本政府は少しずつ出入国制限の緩和策を推し進めています。現在これらの緩和策が施行されています。

・短期出張や日本居住外国人の入国制限の緩和
・9カ国・地域の渡航中止勧告解除
・ハワイへの渡航規制緩和

短期出張や日本居住外国人の入国制限の緩和

11月1日以降、1週間以内の海外への出張から日本に帰国した日本人および在留資格を持つ外国人を対象に、帰国後2週間の待機措置を免除されます。

【必要条件】
・新型コロナの陰性証明書
・帰国後の行動計画書を提出

9カ国・地域の渡航中止勧告解除

茂木外相は10月30日9カ国・地域の渡航中止勧告を解除した。
9カ国・地域は以下の通り 

中国、韓国、ベトナム、オーストラリア、シンガポール、タイ、ニュージーランド、ブルネイ、台湾

実際、オーストラリア・ニュージーランドは外国人の入国を原則として認めていませんが、日本から出国条件を緩めることで相手国の規制緩和を促していきたい考えです。

ハワイへの渡航規制緩和

出発前に新型コロナウイルス検査で陰性結果が出ていれば、隔離措置なしで渡航を認められます!

【必要条件】
出発前72時間以内に受けた検査の陰性証明書を取得

ハワイから日本への最初の便は11月6日に到着予定。
同月全体で10便のフライトが予定されており、不測の事態が起きなければ12月にも日本からのハワイへ向かう便を大幅に増やす計画です。

さすが日本人からの人気も熱い「ハワイ」。
この緩和措置から海外旅行が解禁されていくといいですね。

まとめ

緩和策が次々と講じられていますが、安心して海外旅行に行けるかどうかは正直ビミョー。
ヨーロッパではコロナの感染者数が再拡大していますし、アメリカでも1日のコロナ感染者数が過去最大の9万人を超えました。
コロナが依然と脅威を増す中、呑気に海外旅行に行っている場合じゃないかもしれません。

ワクチンが完成したら、今の状況も少しはマシになると思いますが、予想されている完成時期も来年の春だとか。
もうしばらく海外旅行は自粛したほうがいいのかもしれませんね。

1日でも早くコロナの収束を願うばかりです。

ここまで読んで頂きありがとうございました!

今日も1日頑張りましょう!コロナに負けるな!

【参考資料】

ハワイ、日本からの渡航規制緩和へ コロナ陰性なら隔離求めず
米ハワイ州が近く、日本からの旅行者に対し、出発前に新型コロナウイルス検査で陰性結果が出ていれば隔離措置なしでの渡航を認める見通しであることが分かった。
海外出張の帰国後2週間待機を免除 移動制限など条件
政府は30日の新型コロナウイルスに関する対策本部で出入国制限の新たな緩和策を決めた。1週間以内の海外出張から日本に帰国した邦人などを対象に2週間の待機措置を条件付きで免除する。11月1日から実施する
入国後の14日間待機 短期出張や日本居住外国人 条件付きで免除 | NHKニュース
【NHK】新型コロナウイルス対策として行っている入国制限措置の緩和の一環として、政府は1日から、海外に短期出張した日本人や、日本に…
旅行
カテゴリー
Taroをフォローする
スポンサーリンク
Taroimo Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました