オーディオブック徹底比較!「Amazonオーディブル」と「audiobook.jp」どっちを選ぶべき?

読書
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは!Taro(@TaroimoLife)です!

オーディオブックって良いって聞くよね。調べてみると”Audible“と”audiobook.jp “が有名らしい。どっちが良いんだろ?

今回はオーディオブック界2強の”Audible“と”audiobook.jp “を実際に利用したぼくが、いろんな角度から徹底比較します!

どっちのサービスが自分に合っているのか、悩んでいる人はぜひこの記事を参考にして下さい!

オーディブルとaudiobook.jpが人気

”音声の時代”といわれ爆誕したのが「耳で聴く読書」。

耳がフリーの時にいつでも読書が楽しめることで人気を博しています。

忙しい社会人にオーディオブックは特におすすめです。通勤中や家事中など今まで失っていた時間に学習ができ、ぼくは通勤中の読書で月3冊以上読めるようになりました。

そんなオーディオブックは主に2つ「Amazonオーディブル」と「audiobook.jp」が人気です。

オーディブルaudiobook.jp
料金プラン月額1,500円聴き放題:750円
月額会員:550~330,000円
返品の可否×
書籍数1.8万冊
(洋書:40万冊)
2万冊以上
(聴き放題:1万冊)
解約後も聴き続けられる×

Amazonオーディブル

オーディブルはAmazonがアメリカでスタートしたサービス。

日本では2015年からサービスが開始。

現在ではイギリス、オーストラリア、カナダなど世界10ヵ国で、数百万人の人が利用している非常に信頼の厚いサービスです。

Audiobook.jp

オトバンクが運営しているaudiobook.jpは、スマホがまだ普及していない2007年にFebeという名前でサービスを開始。

国内オーディオブックサービスの先駆けとなりました。

毎月500タイトル以上の作品が配信され、2019年には会員数100万人を突破!日本国内で盛り上がりを見せています。

オーディオブックを選ぶポイント

 

これからオーディオブックを始めようと思っている方に、オーディオブックを選ぶときのポイントを紹介します。

オーディオブックを選ぶときのポイント

⚫︎料金プラン
⚫︎対応している端末
⚫︎書籍数
⚫︎返品できるかどうか
⚫︎解約後も聴き続けられるか
⚫︎声優ナレーター

このポイントをもとに、”オーディブル“と”audiobook.jp”を比較していきましょう!

料金プラン

オーディブルaudiobook.jp
料金プラン月額1,500円聴き放題:750円
月額会員:550~330,000円
支払い方法クレカのみクレカ・コンビニ支払い・ケータイ支払い・アマギフ・Google Pay・app内課金

Amazonオーディブル

Audible会員になると、毎月以下の3つのコンテンツを楽しめます。

Audible会員の特典

①自由に選べるオーディオブック1冊
②無料でもらえるボーナスタイトル1冊
③聴き放題のポッドキャスト

月額1500円で毎月1コインがもらえ、1コインで1冊の本と交換する事ができます。

往年のベストセラーから話題の最新の書籍まで、無料で読む事ができます。

どんな書籍があるかストアで見てみる

それにプラス、月替わりで無料で1冊もらえたり、Newspicksや落語といったポッドキャストも無料で聴き放題です。

支払い方法はクレジットカード決済のみで、電子マネー・Amazonギフトコード・コンビニ支払い・銀行口座振替は対応していません。

Audiobook.jp

月額750円で一部のオーディオブックが「聴き放題のプラン」と、月額550~33000円の中でポイントを定期購入できる「月額会員プラン」の2種類から選ぶことできます。

支払い方法は

聴き放題プラン

⚫︎クレジットカード決済
⚫︎ケータイ決済(docomo, au, Softbank)

月額会員プラン

⚫︎クレカ
⚫︎ケータイ決済(docomo, au, Softbank)
⚫︎app内課金
⚫︎Google Pay内課金

対応している端末

自分の端末が対応しているか確認しておきましょう。

Amazonオーディブルの対応端末は以下の通りです。

Amazonオーディブルに対応している端末

⚫︎iPhone
⚫︎iPad
⚫︎iPod
⚫︎Apple Watch
⚫︎Androidスマホ
⚫︎Androidタブレット
⚫︎パソコン(Windows,Mac)
⚫︎Amazon Echoシリーズ(Alexa)

続いてaudiobook.jpの対応端末は以下の通りです。

Audiobook.jpに対応している端末

⚫︎iPhone
⚫︎iPad
⚫︎iPod
⚫︎ウォークマン
⚫︎Androidスマホ
⚫︎Androidタブレット
⚫︎パソコン(Windows,Mac)
⚫︎Google Home

聴き放題プランをのぞき、購入したオーディオブックや、購読したポッドキャストはPCにダウンロード可能。

それを転送すればウォークマンやiPodなどで聴く事ができます。

参照:PCでダウンロードする方法 – audiobook.jp

解約後も聞き続けられるか

オーディブルaudiobook.jp
解約後も聴き続けられる×

Audibleは解約を申し入れ、次回の課金日に解約されます。手持ちのコインは消滅しますが、購入した本はずっと聞き続ける事ができます。

無料体験でもらった本も、解約後ずっと聞き続けられるっていう荒技もできちゃいます!

Amazonオーディブルを無料体験する

関連記事:まだもらってないの?無料で本を1冊もらう方法

audiobook.jpは解約を申し入れ、次回の課金日に解約されます。

聴き放題プランは聴けなくなりますが、月額会員は購入済みならずっと聴き続ける事ができます。

返品できるかどうか

オーディブルaudiobook.jp
返品の可否×

間違えて違う本買っちゃった、買ったけどBGM(朗読者の声、間、音響など)が合わないな〜ってとき、返品できるかどうかは非常に重要です。

Amazonオーディブルは返品して、新しい本と交換する事ができます。

買った本を返品できるって安心ですね!

Amazonオーディブルはたくさんのメリットがあります。よかったら参考までに

関連記事:Amazonオーディブルのメリット10選

ただ、audiobook.jpは返金・返品に対応していないので、購入する際は細心の注意を払う必要があります。

聴ける書籍数

オーディブルaudiobook.jp
書籍数1.8万冊
(洋書:40万冊)
2万冊以上
(聴き放題:1万冊)
Amazonオーディブル
日本語1.8万冊以上 洋書40万冊以上

毎月どんどん更新され、マナブログさんの億を稼ぐ積み上げ力高橋ダンさんの世界のお金持ちが実践するお金の増やし方などの新書も聴けるようになりました。(4月から)

Audiobook.jp
2万冊以上、聴き放題プランは1万冊

声優・ナレーター

ナレーターはこんな感じ。

ナレーターにこだわりがない人間なので、特にコメントはありません。

他にもたくさんのナレーターがいるみたいなので、詳しくはAudible公式サイトaudiobook公式サイトをご覧ください。

まとめ:自分のスタイルに合ったものを

オーディブルaudiobook.jp
料金プラン月額1,500円聴き放題:750円
月額会員:550~330,000円
返品の可否×
書籍数1.8万冊
(洋書:40万冊)
2万冊以上
(聴き放題:1万冊)
解約後も聴き続けられる×
支払い方法クレカのみクレカ・コンビニ支払い・ケータイ支払い・アマギフ・Google Pay・app内課金

今回はオーディオブック界の2強”Amazonオーディブル”と”audiobook.jp”を比較しました。

どちらもそれぞれ良いところがあり、まだどっちを選べば良いかわからない!って方もいるかもしれません。

どちらのサービスも30日間の無料体験をしているので、一度試してみて下さい。

合わないなと思ったら、すぐ解約すればOKですから。解約忘れに気をつけて!

快適な読書ライフを〜

Amazonオーディブルを無料体験する

Audiobook.jpを無料体験する

 

読書
カテゴリー
Taroをフォローする
スポンサーリンク
Taroimo Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました