【留学で+17kg】欧米に留学すると確実に太ります。食生活に原因があった。

旅行
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは!Taroimoです!

留学をすると、生活スタイル食生活大きく変わります。なので、充実した留学生活を置くためにも、日々の体調管理は重要なことです。

僕は高校2年の時に、カナダに1年間留学をしていたのですが、体調管理なんて見向きもしていませんでした。結果、帰国する時点で体重は+17kg!

1年間で17kgも太りました

今回は

めちゃめちゃ太った原因
②その原因からわかった太らないためのポイント

についてご紹介していきます。

太った原因

食生活が変わった
1日3回アイスクリームを食べる生活
大好物の「プーティン」
冬は家に引きこもりがち

食生活がめちゃくちゃ変わった

カナダやアメリカなどは言わずと知れた「肥満大国」。

日本からテレビで見る限りでは、あまりそう感じないかもしれませんが、実際に行ってみると太っている人がめちゃめちゃ多く、1人1人の太り方も尋常ではないです。多少太り気味の日本人痩せているうちに入るぐらいです。

じゃがいもを野菜だと思っている

思い返せば日本にいるときは基本、肉よりも魚の方が好きだったので「米・野菜・魚」という野菜・魚中心の食事が普通でした。

ただ、カナダに行ってみると食生活は大逆転。ほぼ毎日お肉がメインでした。カナダでも内陸部の方に留学をしていたので、新鮮な魚が買えなかったんですね。まぁお肉も嫌いなわけじゃないから良いねんけど。

極め付けは、ある日の晩ご飯のことです。

出てきたご飯は

ステーキ
マッシュポテト
グリンピース
パン 以上

野菜はグリンピースのみ(笑)

僕的にはサラダが欲しかったんですが、多分あっちの人たちはポテトを野菜だと思っているんですかね。だってマクドナルドでもサイドディッシュでフライドポテトが付くじゃないですか!

1日3回アイスクリームを食べていた

カナダにいるときは、今まで考えられないような食生活を送っていました。

アイスクリーム1日3回食べる
ポテチめっちゃ食べる
お腹が減ったらプロテインバー
大好物のプーティン

甘いものは苦手なタイプだったのですが、環境が変わると味覚も変わり、カナダのアイスクリーム(特にキャラメルアイス)にどっぷりハマりました。

休日だと、

朝ごはん食べてアイス
昼ごはん食べてアイス
夜ご飯食べてアイス

1日3回アイスクリームを食べていたこともあります。

お腹が減ったらポテチプロテインバーをむしゃぶりつく。おやつで食べてるもののカロリーが高い!

カロリーの爆弾「プーティン」

極め付けは「プーティン」です。

プーティンというのは、フライドポテトの上にチーズとグレイビーソースをかけたカロリーの爆弾です。

これがめちゃめちゃ美味んですよ!

熱々のグレイビーソースチーズが溶けて、その溶けたチーズと一緒にフライドポテトを食べる
今なら、ビールと一緒に食べたいものです!

これを週に1回くらい食べてました。

冬はめちゃめちゃ寒いので家に引きこもる

冬の景色はこんな感じ…
こんな中でランニングなんてできるわけない(笑)

-30℃にもなるカナダの冬。

これだけ寒いとさすがに、外に出てランニングなどできるはずがありません(笑)

必然と冬の間は

家に篭るようになり
ご飯食べて寝る
ご飯食べてソファで寝転がる
ご飯食べて猫と戯れる

食っちゃね食っちゃね」のだらけた生活になっていました。

結果17kg太りました。

見た目からあんまわからないと思いますが、ほんまに17kg太りました
ちなみに帰国前日の写真。

こんな生活を続けていると、留学前の体重が51kgだったのが、帰国前の体重は68kgに!
1年間で17kgも太りました。

食生活を変えただけで、1年で17kgって簡単に増えるもんなんですね。

これだけ体重が増えたのは「筋トレ」に目覚めたということも一理あるかもしれません。

留学太りにならないポイント

留学をしたら太る」ほとんどの留学生が持つ悩みだと思います。

留学から帰国して、「あれ?太った?」って友人から言われたらショックですよね。

僕が留学で17kg太った原因を遡って、留学太りにないためのポイントを挙げてみました!

野菜を食べる
適度な運動
糖分は避ける

野菜を食べる

「野菜食べなさい!」

っておかんにどれだけ言われてきたか(笑)

日本食って「一汁一菜」、食卓の中に必ず野菜の料理が出てきますが、カナダでは食卓に野菜が出てこないこともあります。それでいて味付けの濃いお肉料理ばっかり。それだけでは体重管理・体調管理もでいませんので、野菜は心がけて摂取したようが良いです。

適度な運動

カナダは土地が広いので、普段の交通手段は「」一択です。

なので「習慣がほぼなくなります。どこ行くのにも車で行きますから。となると、運動不足が問題となってきます。家の中で筋トレをしたり、ランニングに出かけたり、適度に運動するように心がけましょう。

糖分は避ける

スーパーでもカフェでも甘いものそこら中で売っています。その「甘さ」は思った以上に甘いです!

さすが欧米!って感じ

ただし糖分はダイエットには禁物です。

たまに甘いものを食べるのも良いかもしれませんが、食べたからには運動することを心がけた方がよさそうです。

まとめ:これから留学する人へ

今回は、僕が1年間留学をして17kg太ったよ!という紹介記事でした。

ダイエットには何も意識していなかった分、カナダの生活スタイル・食生活に飲み込まれ、ぶくぶくと太りました。

ただ、自己管理を徹底していれば体重管理・体調管理はできます。

ぜひこれから留学をする人で太りたくないよ!って人は、自己管理を徹底することをお勧めします!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

旅行STUDY ABROAD
カテゴリー
Taroをフォローする
スポンサーリンク
Taroimo Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました