【リゾバ】日本にいながら海外暮らしが体験できる!?北海道・ニセコ編

リゾートバイト
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは!Taroです!

過去に長野県・白馬村でリゾートバイトをしていたよ!っていう体験談を紹介しました。

白馬は本当に外国人観光客の方たちが多くて、「ここは海外?」と勘違いさせるようなスキーリゾートで働いていたのですが、3シーズン白馬で過ごした後「北海道・ニセコ」に拠点を移しました。
そしたらびっくり!

白馬よりもニセコの方が数倍外国人の人が多い(笑)
もはやニセコは日本じゃないです(笑)

そんなニセコで2シーズン、リゾートバイトを経験した私が

仕事内容
良かったところ・悪かったところ
寮生活

などの体験談を語ります。

リゾートバイトしたいけど、どんなものか気になるって人はぜひ参考にしてみてください!

今や世界中からスキーヤー・スノーボーダーが集まる『ニセコ』

ニセコを訪れる外国人観光客は本当に多くて、ピークシーズンの時はニセコの街を歩く9割は外国人で溢れかえります。
これ嘘じゃないです

なぜこんなに外国人が多いのか?
その理由はニセコのパウダースノーにあります。(自論)

世界一のパウダースノー

一応僕はスキー歴22年のまぁまぁやり手のスキーヤーで、今までアメリカ・カナダ・フランスのスキー場を渡り歩きました。

そんな世界中の有名なスキー場を行った中で、
1番雪質が良かったところは?と聞かれると、間違いなく

ニセコ

と答えます。

実際、ヨーロッパ人に聞いたことがあります。

ヨーロッパには素晴らしいスキー場がたくさんあるのに、なんでわざわざニセコにスキーしにくるの?

理由は一つ。ニセコのパウダーは世界一だからね

みんな口を揃えて「ニセコのパウダーは世界一」と言います。

ニセコのパウダー』に皆、魅了されているのです。

【仕事内容】英語力を試されます(スキーインストラクター)

スキーインストラクターとして働いていました。

レッスンは「3Hレッスン」「6Hレッスン」の大きく二つに分かれており、仕事内容は簡単

お客様のレベルに応じて、更なるレベルアップを目指す

それだけ!

大体のお客様が「スキー未経験」または「初心者」ですので、基本やることは同じでしたね。
「止まり方」とか「曲がり方」とか。

たまーにガッツリ滑るお客様が来ることもありました。

存分にニセコのパウダーを楽しんでもらいました(笑)

レッスンのお客様は99%外国人

あ、これ、わし。

基本マンツーマンのレッスンのお客様は外国人です。

レッスンは全て英語で行われるので日常会話程度の英語力は必要になります。

日常会話程度で良いの?」って思われるかもしれませんが、全然大丈夫です(笑)

スキーを教えるときなんてほとんど身振り手振りで出来ますから(笑)

チップは当たり前の文化?

レッスンを受けに来るお客様は中国やシンガポールなどアジアの方が多くて、全員死ぬほど金持ちです。

レッスンをしたお客様の中には「BEAMS JAPANのお偉いさん」や「ミシュラン2つ星のレストランを2店舗持つ経営者」など。

極め付けは「インドネシアの石油王」もいました(笑)

本当に次元が違って、レッスン終わりにチップを頂けるんですよ!

インドネシアの石油王からチップで4万円頂いたこともありました(笑)

国際色あふれる寮生活

僕が働いていた会社にはが完備されていました。
最近建てられたらしくすごく綺麗で快適でした!

その寮に20人くらいの同僚と一緒に暮らします。
ニセコだからやはり寮でも国際色は強めなんですよ

【寮メンバー】
「日本・ドイツ・フランス・イギリス・デンマーク・スペイン・イタリア・アイルランド・ポーランド・スイス」

毎日ほんまに楽しい!

働いてい会社が「Family」感溢れていたのでみんなすごく仲が良かったんですよ。

寮内で各国それぞれの料理をみんなに振る舞ったり、みんなで外に飲みに出たり、みんなでカラオケ行ったり、本当に充実したリゾートバイト生活を送ることができました。

ちょっと留学しに来てる気分になりましたね(笑)

バイトの掛け持ちも可能!

ラーメン屋

ここでもお客様は9割外国人
仕事しているのも外国人だし、日本語はほとんど使いませんでした。

日本語喋るよりも英語喋る方が多いんちゃう?ってくらい1日中英語使ってました(笑)

僕はスキーレッスンの仕事が終わった後ニセコにあるラーメン屋で働いていたんですが、かなりの体力勝負。
お金と賄いのために働いていました(笑)

レストラン・バー

ニセコには夜遅くまでオープンしているレストランやバーがあり、そこで働いている同僚もちらほらいました。

そういうところだと時給も良いし、チップももらえるし最高なんだとか…。

良かったところ

世界中のスキーヤー・スノーボーダーと出会えた

22年間スキーをしてきたのですが、ほとんど1匹狼みたいな状態で周りにスキーをする友達はほぼいませんでした。

心の中でずっと「一緒にスキーする友達が欲しい」って思っていました。

ニセコに来てから世界中のスキーヤー・スノーボーダーと知り合って、一緒にパウダー食らいに行ったりビール片手にナイトスキーに行ったりめちゃめちゃ良い仲間を作ることができました

お給料がかなり良い

当時大学生だったのですが、「インストラクターの給料+チップ」で、学生バイト1ヶ月の給料の倍近くは稼いでいました
やはり英語を話せると仕事の幅も広がりますし、お給料のUPも期待できます。

毎日英語に触れられる

ニセコでは寮生活でも仕事でも英語に触れることができます。

1日中英語喋りすぎて、日本語よりも英語喋ることの方が多いことは当たり前です(笑)

悪かったところ

特にありません(笑)

だって環境がすごく良いから!人も会社もとても雰囲気いいし、北海道のご飯は美味しいし、街は海外の雰囲気あるし。

強いて言うなら「寒い」!
それくらいかな?

英語を活かした仕事探しているならニセコで働け!

留学後、日本に帰ってきて英語を使った仕事をしたい!って人や、留学前に英語の環境に触れたいって人は絶対にニセコに行った方がいいです!

自分次第で本当に英語しか使わない環境に身を置くことができるので、自分の英語力めちゃめちゃ磨くことができます!

日本にいながら海外暮らしが体験できる「ニセコ」行かない理由ないでしょ!

まとめ

ニセコでのリゾートバイトは本当に刺激が溢れる毎日でした!

日本にいながらでも「生の英語」に触れることができるし、世界中から外国人がニセコに集まるのでたくさんの友人ができました。

多分この記事読んで皆さん「どうせ話盛ってるっしょ」って思う方もいるかもしれません。
これ全部本当ですから(笑)

実際に行って、自分の目で確かめてください!「あ、ここ日本ちゃう」ってなりますから(笑)

ちなみに私、2020年シーズンもニセコに参上します

私も行く!俺も行く!って方、是非コメントください!

ここまで読んで頂きありがとうございました!

今日も1日頑張りましょう!

リゾートバイト
カテゴリー
Taroをフォローする
スポンサーリンク
Taroimo Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました