【これからの生き方】今流行の「セミリタイア」って何?その実現が可能な資産額とは?!

セミリタイア
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは!Taroimoです!

皆さん、いま巷で話題の「セミリタイア」ってご存知ですか?

現在では「セミリタイア系サラリーマン」なんていうyoutuberさんも出てきたり(笑)

ゲンキ Genki / セミリタイア系YouTuber
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリ...

なんとなーくセミリタイアって「自由な暮らしをする!」的なニュアンスで聞いたことがあるでは?

前回は「セミリタイアの価値観」についてつらつらと書いた記事を紹介したのですが、

今回は「セミリタイアとは?」という視点で紹介していきたいと思います!
セミリタイアするにはいくら必要なのか?考えてみたところ、意外にハードルが高くないことが発見したので、そちらも合わせて紹介していきます!

セミリタイアとは?

ずばりセミリタイアとは「適度に働いて、自由な時間を楽しみながら生きていく人生

適度に働く」とはどういうことか?

例えば

生活費月20万円とする。収入源は以下の通り
【収入月20万円
株の配当金 月10万円
アルバイト 月10万円

え?株の配当金10万円?そんなん可能なん?

答えは、可能なんです。
ぶっちゃけ誰でも達成できる範囲なのです。

後で詳しく解説していきます。

メリット:圧倒的に自由な時間が増える

セミリタイアが達成できると圧倒的に自由に使える時間が増えるのです。

先程の例をみてみると、株の配当金月10万円。これは「寝てても入ってくる収入」です。

アルバイト収入は働いて、自分の時間を削って得られるお給料な訳ですが、月10万円なんて週3回ほどのアルバイトで稼ぐことができるのではないでしょうか?

職種によれば週2でも稼げそう。

週2,3回しか働かなくて良いということは、それだけ

自由に使える時間が増える

ということです。めちゃめちゃ羨ましい生活ですよね!

その自由な時間にのんびり家族と過ごしたり趣味をゆっくり楽しんだり、はたまた新しい副業を初めてさらに収入源を増やすこともできる。

初めて?セミリタイアをした日本人:大橋巨泉

引用:wikipedia

僕がまだ生まれてない頃?にテレビで活躍していた大橋巨泉さんという方がおられます。
(ちなみに名前だけ知っています)

調べていると、「日本人で1番最初にセミリタイアをした人」らしいです。

当時56歳、1990年に「俺はセミリタイアをする!」と言って、ニュージーランドやオーストラリア、日本、カナダで過ごしていたそう。
理想的な生活スタイルですね!

そんなのお金持ちだからできることでしょ

いや、そんなことないんですよ。だってパソコン1台で稼げる時代ですよ!

そう、パソコン1台で稼げる時代だったら世界中どこにいても良い訳ですもんね。

セミリタイアをするときに3つの重要なもの

幸福の「資本」論」という本がありますが、その本の中では

3つの資本が満たされれば人生に幸福を感じる

と紹介されています。

その3つの資本とは
人的資本
健康・自分の能力
金融資本
資産・お金
社会資本
人とのつながり、家族・友人

年収2000万円稼ぐ経営者でも、家族や親しい仲間・友人がいなければ幸福は感じられない
それに暇なく働いたせいで大きな病気にかかり余命宣告を食らう。

それでは「幸せ」とは言えないですよね。
なのでセミリタイアをするときにはこの3つがバランスよく保たれる必要があるのです。

ただ「金融資本」や「社会資本」は自分が変わればなんぼでも取り返せますが、「健康」はなかなか取り戻せないのではないでしょうか?

大橋巨泉さんもリタイアをする上で1番重要なことは「健康」と仰っています。

「20代」と若いうちから「適度な運動」「生活習慣の見直し」は必要なのかもしれません。
後でどんなに悔いても後戻りはできないですから。

セミリタイアの実現が可能な資産額とは?

ぶっちゃけ生活費を抑えれば抑えるほどセミリタイアの実現は近くなるのです。
というのも「生活費が月30万円の人」よりも「生活費が月20万円の人」の方が必要な金額は少なくて済みます。

株の配当金だけでセミリタイアを達成した「穂高唯希さん」をご存知でしょうか?

彼は三菱商事の元サラリーマンで給料の8割を株式投資にまわす投資スタイルを8年間も続け、30歳の頃「セミリタイア」を達成されました。
30歳の頃には株の配当金だけで「月20万円」を得ているそう。

三菱サラリーマンが株式投資でセミリタイア目指してみた
14歳から為替、22歳から株式。30歳セミリタイア/FIREを目指してきましたが、遂に実現しました。

月20万円の配当金を目指すにはいくら必要?

・株の配当利回りが3%の場合 
【必要な元本】約1億円
・株の配当利回りが4%の場合 
【必要な元本】約6500万円

途方もない数字ですよね。

そんなん無理!って方は……

月10万円を目指すと?

・株の配当利回りが3%の場合 
【必要な元本】約5000万円
・株の配当利回りが4%の場合 
【必要な元本】約3500万円

目指しやすい数字ではないでしょうか?

「こびと株.com」というブログでは、
いくらの元本があればいくら配当金がもらえるのか?
を見やすくグラフで紹介しています。良かったらみてみてください。

【銘柄も例示】配当金生活のためには、いくら用意して何に投資すれば良いのか? - こびと株.com
  こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マン(@kobito_kabu)です。 生活費を配当金で払おうという考え方があります。いわゆる配当金生活です。 配当金が魅力的なのは こういった理由です。 &nb...

見てて結構面白いんですよ。

まとめ:意外に簡単に自由な暮らしが手に入るかもしれない

毎月5万円の株式投資を、6年7年とひたすら続けたらセミリタイアの道は近くなるんですよ!
好きな仕事だったら良いですけど、
別に好きでもない仕事で毎日ストレスを抱える生活を今後20年30年続けるよりも、6年間ひたすら収入を投資に回す生活の方がラクなのかもしれませんよね。

まぁ仕事の価値観・人生の価値観は人それぞれなのでとやかく言うつもりはないですが、僕は後者の方が好きです。

あくせく働くよりもボーッと暮らす方が良いですし、今の時代働こうと思ったらすぐに働ける環境もありますから。

そんな感じで「セミリタイア」についての紹介記事でした。

これからの将来設計を考える良いきっかけにもなりますし、1度セミリタイアについて深く考えることも良い機会なのではないでしょうか?

セミリタイア
カテゴリー
Taroをフォローする
スポンサーリンク
Taroimo Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました